写真1●電波監理審議会の前田忠昭会長
[画像のクリックで拡大表示]

 KDDI系のUQコミュニケーションズとソフトバンク系のWireless City Planning(WCP)の一騎打ちとなっていた、2.5GHz帯の追加割り当て。大方の予測通り、2013年7月26日に開催された総務省の電波監理審議会は「UQコミュニケーションズの申請を認定する」という判断を示した(写真1)。

 総務省は今回の割り当て方針(開設指針)として、追加割り当て対象が20MHz幅あるところ、あらかじめ枠を決め打ちすることはなく、既存事業者が申請者の場合、10MHz幅または20MHz幅を自由に選べる設計とした。そのうえで、複数の申請があった場合の比較審査基準である「競願時審査基準」を設け、それでも同順位の場合、新規事業者を優先。既存事業者同士の比較審査となった場合は、割り当てを希望する周波数幅が小さい方を上位とする審査ルールを敷いた。

 6月24日に締め切られた申請受け付けでは、UQは20MHz幅、WCPは10MHz幅で申請。審議の結果、電波監理審議会はUQを優位とする総務省原案を適当とする答申を示した。結果的に追加の20MHz幅の帯域はUQが総取り、WCPは追加周波数を得られないという、将来にわたって大きな差が出る結果になった。

差が付いた項目は4項目、UQが3点、WCPが1点の結果に

 比較審査基準である競願時審査基準には、2017度末時点の人口カバー率(5%単位で比較)を比較する「第1基準」と、基準AからGで比較する「第2基準」が設けられている。今回UQとWCPの申請で差が付いたのは第2基準の「基準B」「基準C」「基準E」「基準G」の4項目だ(表1)。

表1●競願時審査基準における第2基準の項目と電波監理審議会による審査の結果(黄色の箇所が差の付いた項目)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら