「プロジェクト管理(PM)ツールや情報共有ツール、継続的インテグレーション(CI)ツール、継続的デリバリー(CD)ツールの導入状況は、どうなっているのか?」。

 この実態を明らかにすべく、日経SYSTEMS編集部では3月15日から4月18日にかけて「開発支援ツール徹底調査2013」を実施した。同調査は以前の記者の眼で協力をお願いしたものだが、結果が出そろったので、ここに詳細を報告したい。

 なお、調査ではカテゴリーを「PM/情報共有ツール」「CI/CDツール」の2つに分けて、カテゴリーごとに利用状況や利用しているツール名、利用開始時期などを尋ねている。有効回答件数は1532件となった。

PM/情報共有ツールは使い分けが進む

 まずは、PM/情報共有ツールの調査結果から見ていこう。直近2年間でPM/情報共有ツールを利用したことがあるという回答は、846件に当たる55.2%だった。回答者の2人に1人は、何らかのPM/情報共有ツールを利用している結果となった。

 直近2年間でPM/情報共有ツールを利用したことがあるという回答者に対して、実際にどのツールを利用しているのかを尋ねた。トップは「Microsoft Project」(MS Project)で48.7%、2位はオープンソースソフトウエア(OSS)の「Redmine」で40.4%、3位も同じくOSSの「Wiki」で32.4%だった(図1)。

図1●直近2年間でのPM/情報共有ツールの利用状況
図1●直近2年間でのPM/情報共有ツールの利用状況(母集団は「直近2年間でPM/情報共有ツールを利用したことがある」と回答した回答者である)

 利用しているツールを複数選択できるようにしたため、調査結果からは併用しているツールを調べられる。上位3つのツールについて併用の状況を調べたところ、MS ProjectとRedmineを併用するという回答が125件、MS ProjectとWikiを併用するという回答が121件となった。調査では同一プロジェクトでの併用なのか、異なるプロジェクトでの個別利用なのかまでは把握できないが、それでも思っていた以上に、MS Projectと他の2つのツールとの併用者が多いように感じられる。

 3つのツールのうち、MS ProjectとRedmineはPMツール、Wikiは情報共有ツールと用途が分かれる。このため、Wikiが他の2つのツールと併用されることには納得がいくが、同じPMツールであるMS ProjectとRedmineが併用される理由は何だろうか。実際に2つのツールを併用するSIベンダーに話を聞くと、「顧客と情報共有するときはMS Project、現場で情報共有するときはRedmineと使い分けている」というケースが多いようだ。

 Redmineとは、タスクの割り当てと進捗を管理するためのツールである。特徴は、タスクごとにチケットを作成することで、チケットに作業内容の指示や担当者名、ステータスといった情報を記入する。基本的にはプロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーがチケットを作成し、担当者を割り当てる。割り当てられた担当者は、チケットに記載された指示を参照して作業を開始し、進み具合に応じてステータスを更新していく。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら