混み合う駅の改札口。我先に通り抜けようとする人の顔、顔、顔──。

 まずは写真1をご覧いただきたい。これは、世界トップレベルの顔認証技術を誇るグローリーが、駅で実地検証した時の様子だ。

 人の顔にかぶさるように、赤色や青色の枠と数字が見える。これは、グローリーが顔認証技術を応用して開発を進めている「人の性別と年齢の推定システム」を利用したもの。時代はもう、ここまで来ている。

写真1●システムの利用例
駅の改札を通る人たちの動く映像から人の顔だけを識別し、しかも性別と年齢を自動推定している。青色が男性、赤色が女性、数字が年齢を示す。顔認証技術を持つグローリーが駅に許可を得て実験した時のもの
[画像のクリックで拡大表示]

 グローリーの顔認証技術は、セキュリティ業界関係者の間で評価が高い。システムに顔写真を登録すると、人混みの映像の中からでも、簡単に本人を見つけ出せてしまう。厳重な入退館管理が求められるビルなどでは、特に重宝される。

 認証精度は99.99%以上といい、顔が似ている「他人」と間違える確率が非常に低いのが特徴だ。この他人識別率が顔認証の技術力の高さを測る、1つのバロメーターになっている。

 一口に顔認証といっても、デジタルカメラなどに搭載されている「人の顔かどうか」を判別する簡易的なものから、それこそ本人かどうかを識別するものまで、幅広いのが実情である。

 その点、グローリーは本人照合の一本に絞って、技術開発を続けてきた。同社が顔認証する際は、顔の100カ所以上のポイントを照合するという。

 すると面白いことに、芸能人のようにサングラスで目を隠していたり、かつらをかぶっていたり、さらには化粧や髪型、アクセサリーで顔の“見かけ”を変えていても、「顔全体をマスクなどで覆い隠しているようなことがなければ、ちゃんと本人を識別できます」と、新事業推進統括部新事業営業部生体事業2グループの森京太郎グループマネージャーは自信を持って答える。

 そこが人間が持つ顔の識別能力と、顔認証システムの大きな違いだ。人は見た目の際立った特徴に、受け手側の印象が大きく引きずられてしまうため、化粧や髪型が変わるだけで、本人かどうか分からなくなることがある。脳は目立つところを中心に認識してしまう。だがそれは、いわば錯覚である。

 しかし、コンピュータは違う。いつでも先入観なく、100カ所の顔のポイントを照合していくので、変装を苦にしない。「アクセサリーなどで顔のワンポイントが違っていても、その人の顔の本質は変わっていない」(森グループマネージャー)。だから、本人を特定できる。

 それって、本当か?

 企業のセキュリティ担当者なら、そう突っ込みたくもなるだろう。実際、グローリーにコンタクトを取ってくるセキュリティ担当者は、日頃から監視業務などに携わる専門家ばかりだ。技術をよく勉強しており、かつ疑い深い。

 そこで森グループマネージャーは商談中、自らサングラスやかつらで変装し、自社の顔認証技術を体感してもらうことにしている。すると「これはすごい」となり、セキュリティ担当者が身を乗り出してくる。そして、自分でしかめっ面をしたり、“変”な顔をしたりして、顔認証システムを困らせようとする。

 これは「成約の感触あり」のサイン。相手がグローリーの顔認証技術に食い付いてきた証拠だという。そこで“変”な顔をしても識別できてしまうから、商談が進む。秘訣はグローリーの3次元の顔認証技術にある。上下左右から見た「斜め顔」でも認証可能なのだ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら