ある程度は予想された結果とはいえ、これほど深刻な状況だったとは──。そう言わざるを得ない衝撃的な回答の数々だった。

 日経情報ストラテジーとITproが2013年2月に共同で実施した、IT業界における組織風土改革についてのアンケートの集計結果である。

 このアンケートは、ITproのウェブサイトと、日経情報ストラテジーが2月22日に都内で開催した有料セミナー会場の両方で実施した。内容は同じものである(実施したアンケートのページはこちら:助けて!組織風土改革にすがるIT業界、既にアンケートは終了)。

 6つの質問と自由意見に対し、合計で971件もの回答をいただいた。まずはこの場でご協力いただけたことに、お礼を言いたい。本当にありがとうございました。

 回答はITproで883件、セミナー会場で88件の有効数が集まった。ITproでのアンケート期間は2月5日から同19日までである。

 対象はITproの読者が大半を占めるため、おおむねIT業界関係者と考えてよいだろう。内訳は「独立系IT企業」に所属する人が全体の約40%と最も多く、次いで「ユーザー系システム子会社」と「ユーザー企業のシステム部門」がそれぞれ20%弱で続いた。回答者の性別は90%が男性、年代は30代と40代がそれぞれ40%弱ずつで大勢を占めた。

 自由意見欄につづられた、回答者からの「悲痛な叫び」とともに、6つの質問に対する回答の割合を詳しく見ていこう。

 なお、今回のアンケート結果を問題提起として、IT業界で悪化する組織風土への“処方箋”を提示した特集記事を、3月末発売の日経情報ストラテジー2013年5月号に掲載している。

 特集では、組織風土改革の第一人者であるスコラ・コンサルトの柴田昌治氏による解説や、IT業界を代表して誌面に登場いただいたNTTデータ相談役の山下徹氏と柴田氏の対談などを掲載している。この調査結果とともに、併せてお読みいただきたい。

無関心の壁を作り、会話や協力ができない職場

 アンケートで尋ねた6つの質問項目は、2012年9月に私が柴田氏と話をした時の内容が基になっている(関連記事:悲鳴を上げるIT業界から組織風土改革の依頼が急増中)。

 実際にアンケート結果が集まってみると、私自身は改めて、最初の質問「Q1.同じ部門の社員同士であっても心に壁があり、会話や協力ができていない。同僚のことを、実はよく知らない」の結果にショックを受けた。

図1●Q1.同じ部門の社員同士であっても心に壁があり、会話や協力ができていない。同僚のことを、実はよく知らない(回答数971件、以下全て同じ)
図1●Q1.同じ部門の社員同士であっても心に壁があり、会話や協力ができていない。同僚のことを、実はよく知らない(回答数971件、以下全て同じ)

 実に48%の人が「はい」と答えているのである(図1)。毎日顔を合わせている同僚のことを、約半数の人は「実はよく知らない」のである。これがIT業界の現実なのだ。

 柴田氏が以前から指摘していた通り、「自分の周りに『無関心の壁』を作って仕事をしている人」が非常に多いことが、アンケート結果で浮き彫りになった格好である。

 自由意見を見ると「お互いがコミュニケーションを取る努力をしない」(ITコンサルティング会社、40代女性)、「表面的な人間関係は一見良好であるものの、いざ仕事の話になると口をつぐんでしまう。ちょっとしたことへの配慮、褒めることができていないため、“言った者負け”の空気が蔓延し、対話力の低下を招いている」(ユーザー系システム子会社、40代男性)といった回答が目に付いた。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら