先日、某大学でコンプライアンス(法令順守)関係の講義をした時の話である。授業の開始時間になっても、一部の学生がおしゃべりを止めない。担当のA教授が「講義が始まりますので、皆さん静かにしてください」と2度呼びかけたが効果がない。温厚なA教授もさすがに表情が引き締まり、ついに「皆さん静かにしなさい!!」と声を荒げたところ、ようやくおしゃべりがストップした。

 講義の終了後、A教授が「まことに無礼なことで申し訳ありません」としきりにわびてくる。私は「最近はどこの大学もこんな感じですから、あまり気にしないで下さい」と返答したが、次のA教授の言葉に驚いた。

無秩序化する大学

 「パワハラと非難されるのは分かっているのですが、あまりに失礼なもので、つい声を上げてしまいました」

 私が苦笑して、「学生のおしゃべりを叱るくらい、教師として当然ではないですか」と申し上げると、A教授は真顔で、「いえいえ、今の大学では教師が大声を出しただけで、パワハラになってしまうんですよ」と言う。

 A教授のご説明によると、学生に対してちょっと厳しく指導すると、すぐにパワハラ(大学内ではアカデミック・ハラスメント、縮めて「アカハラ」と呼ぶ)扱いされてしまうらしい。半信半疑の私が、「それでは学生への指導ができないでしょう」と質問すると、A教授は、「その通りです。情けない話ですが、教員が戦々恐々となって何も言わなくなったため、大学の中が無秩序化して、まるで動物園みたいになっているのです」と唇を噛みしめた。

 このままでは学生の将来のためにもよくないと考えたA教授は、同じ学部の必修科目担当の教員たちと「特攻隊」を組んで、学生指導に努めているという。言い方は悪いが、1・2年の必修科目の履修時にしつけておけば、その後も軌道からさほど外れないだろうという考えである。「特攻隊」というのは半ば自嘲だろうが、すぐにパワハラと批判される学内では、そのくらいの覚悟がないと学生指導はできないらしい。

 ちなみに、A教授たちのご努力によって、同学部の学生は比較的しっかりしているという。A教授が見学に訪れた他学部の講義では、教室の後方で学生がバドミントンをしているのに、担当教員はそのまま授業を続けていたそうだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら