2012年6月6日、IPv6普及のための世界規模のイベント「World IPv6 Launch」が始まった。同時期に米グーグルは、独自の基準でIPv6の接続性に問題があると判断したネットワークをリスト化。リストにあるネットワークから同社の権威DNSサーバーに名前解決要求があっても、IPv6アドレスを示すAAAAレコードの値を応答しないという運用を始めた。

 グーグルがこうした対応を始めたのは、IPv4/IPv6両方に対応したWebサイトに接続する際に、「一部のユーザーに接続の遅延や失敗などの不具合が生じるケースが増える可能性」のあることが以前からわかっていたためだ(関連記事)。これは「IPv6-IPv4フォールバック問題」などと呼ばれ、World IPv6 Launchに先立つこと約1年前、2011年6月に開催されたWorld IPv6 Dayのころにも話題になっていた(関連記事)。

 World IPv6 Dayは1日限りのIPv6対応だったのでまだ問題は少なかったが、World IPv6 Launchは2012年6月6日以降、長期的にIPv6に対応し続けるというものなので、遅延などが起こるユーザーへの影響も1日限りでは済まない。グーグルのように、「ユーザーがWebサイトへ1秒でも速く接続すること」がビジネスに直結する会社としては、何らかの対策を取っておきたいということだろう。

 そこでグーグルは自社のWebサイトなどへのユーザーのアクセスを分析し、接続にかかる時間、接続に失敗する確率などのデータを集め、そのデータを基に同社が「IPv6の接続に問題あり」と判断したネットワークのリストを作成した。この問題のあるネットワークのリストは「Resolvers to which Google may not return AAAA records.」(グーグルがAAAAレコードを応答しない可能性のあるリゾルバー)としてインターネット上に公開されている(グーグルの公開しているリスト)ため、ほかのコンテンツ事業者も利用することが可能だ。

 このリストに載っているIPv4アドレスのキャッシュDNSサーバーからDNS要求があっても、グーグルの権威DNSサーバーはAAAAレコードを返さない(AAAAレコードはIPv6アドレスの情報を表すレコードだが、その問い合わせはIPv4対応のDNSサーバーから、IPv4パケットを使ってなされることが多い)。言い換えると、グーグルのWebサイトはIPv4/IPv6両対応にもかかわらず、リストに載ったネットワークにつながるエンドユーザーからはIPv4にしか対応していないように見える。IPv6-IPv4フォールバック問題は、IPv6の接続がうまくいかなかった場合に、IPv4への切り替えに時間がかかったり、失敗したりするというもの。最初からIPv4でしかやりとりしないようにしておけば、フォールバックも起こらないというわけだ。

 自分の契約しているプロバイダー(ISP)がリストに含まれていたとしても、グーグルのコンテンツは問題なく利用することができる。同社の権威DNSサーバーは、IPv4アドレスを表すAレコードはこれまで通り返信してくれるので、IPv4インターネットを介して接続すればよいというだけのことだからだ。現時点では世の中に、IPv6でしか接続できない商用のWebサイトはほぼないので、エンドユーザーのインターネット接続環境には、ほとんど影響はない。また、グーグルと異なり、こうしたリストを採用しないでこれまで通りAAAAレコードの応答を返してくるWebサイトなら、IPv6での接続も可能だ。

 当該のリストには、2012年6月30日時点では220個のネットワークが登録されており、中には日本のネットワークが数多く含まれている。IPv6-IPv4フォールバック問題は、IPv6とIPv4両方で接続が可能になっている端末なら、世界中どこでも起こりうる。ただし、日本では特に発生率が高いと指摘されているためだ。国内のアクセス回線として大きなシェアを占めるNTT東日本/西日本(NTT東西)の「フレッツ 光ネクスト」や「Bフレッツ」では、IPv4インターネット接続サービスだけを契約しているユーザーに「フレッツ網内のサービスだけに利用する、IPv6インターネットには接続できないIPv6アドレス」を割り当てているからだ。

 グーグルの対策とは別に、日本国内ではプロバイダー各社も対策に乗り出している。プロバイダーのキャッシュDNSサーバーに、AAAAレコードをエンドユーザーに送らないようにする「AAAAフィルター」という仕組みを入れるのだ。日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)は、加盟プロバイダーとともにAAAAフィルターの方式を5通りに整理。どのプロバイダーがAAAAフィルターを入れているかも公開している(JAIPAのWebサイト)。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら