2012年6月6日、日本時間の9時からIPv6普及のための世界規模のイベント「World IPv6 Launch」が開催される。これは2011年6月8日の「World IPv6 Day」に続くイベントとして企画された。World IPv6 Dayは世界のWebサイトが24時間限定でIPv6に“一時的に対応”する実験的なイベントだった。World IPv6 Launchでは期間を限定せず、世界の大手通信事業者、ネットワーク機器ベンダー、コンテンツ事業者などが、この日以降IPv6に“ずっと対応”することになる。

 World IPv6 LaunchのWebサイトを見ると「THIS TIME IT IS FOR REAL」と大書きされていて、6月6日を境にインターネット全体がいきなりIPv6になってしまうような錯覚に陥るが、実際はそんなことはない。6月6日はむしろ、「今後始まる長期的な変化を象徴する始まりの日」という位置づけと考えた方がよい。今回は、World IPv6 Launchに関してエンドユーザー目線で見た場合の四つの素朴な疑問を整理しておこう。

Q1.そもそもWorld IPv6 Launchにおける「IPv6対応」って何を指すの?

Q2.ある日を境にIPv6に“ずっと対応”する企業が増えて、何か問題は起こらないの?

Q3.サービス提供側は起こった問題にどう対応するの?

Q4.エンドユーザー側でできる対策はあるの?

という、シンプルな問いである。一部のクエスチョンの内容をご存じの方は、分からないところからお読みいただいても構わない。

Q1.そもそもWorld IPv6 Launchにおける「IPv6対応」って何を指すの?

 World IPv6 Launchの参加条件は、(1)Webサイトを運用する事業者、(2)ネットワークを運用する事業者(ISPなど)、(3)家庭向けルーターのベンダー――という3種類の業種ごとに定義されている。

 (1)のWebサイトを運用する事業者が参加する際は、主要なWebサイトをIPv6に対応させることが条件となる。(2)は、6月6日の段階で自社のインターネット接続サービス契約者のうち1%以上にIPv6対応のWebサイトにアクセスできる環境を用意し、今後はデフォルトでIPv6を有効にするというもの。(3)については、ネットワーク機器ベンダーが参加する場合、自社の家庭向けルーターにおいてIPv6をデフォルトで有効にすることが条件になる。

既存のIPv4コンテンツが使えなくなるわけではない

 日本からは、すでにKDDIが参加を表明している。そのほか米AT&T、米アカマイ、米グーグル、米コムキャスト、米シスコシステムズ、米フェイスブック、米マイクロソフト、米ヤフーといった大手企業も参加する見通しだ。どんな企業が参加するかは、World IPv6 LaunchのWebサイトで一覧を確認できる。

 なお、IPv6対応のWebサイトやルーターが増えたからといって、既存のIPv4インターネットのコンテンツが使えなくなるわけではない。当分はIPv4とIPv6を併用することになる。そのためエンドユーザーから見た場合、Webサイトが提供する機能などに関しては、基本的にWorld IPv6 Launch前後で大きな変化はないと考えてよい。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら