中堅ITサービスのJBCCホールディングス(JBCCHD)が中国ビジネスを拡大させている。2008年11月に中国・大連に設立したJBCN大連を中核に、日系企業にクラウドサービスやERPソフトを売り込み、2011年度(12年3月期)の約2億円から12年度に約5億円、14年度に連結売上高の10%に一気に増やす計画を立てた。今期連結売上高(12年3月期見込み)が880億円なので、90億円超の規模と推測できる。

 同社にとって大きな挑戦となる目標だが、果たして達成可能なのだろうか。日系ITベンダーが中国市場で成功するには、越えなければならない壁がある。

14年前から中国ビジネスを手掛けていた

 JBCCHDは1998年、中国・大連のソフト会社ハイソフトと合弁会社を日本に設立し、中国のソフト開発会社を活用するオフショア開発を始めた。その後、様々な理由から合弁を解消し、グループ会社がオフショア開発を続けてきた。そんななかで、JBCN大連を立ち上げる一方、ハイソフト側の責任者だった李遠明氏が08年に設立した大連百易軟件(プレソフト)に10%弱を出資し、協力関係を結んだ。

 それから3年が経過したJBCCHDは、中国ビジネスの拡大チャンスとし、新戦略を練り始めた。

 まず営業拠点を拡充した。大連に加えて、09年11月に上海に現地法人を設立し、その出先を北京と広州に設けた。営業、SEを含めて約50人の体制になった。協力会社も各拠点に設けた。

 JBCN大連の小瀧栄一総経理は、「IBM中国、日本IBM、プレソフトなど中国の協力会社と一緒に日系企業のIT化を支援する」と意気込む。ハードやソフト、ネットワーク機器の販売、導入、保守のほか、運用監視などのサービスを提供する。IBMのiシリーズ(AS/400)環境を提供するクラウドサービス、生産管理と販売管理から構成する開発中のERPソフトの中国語版を年内にも販売開始する。中国企業には、プレソフトがJBCCの運用監視サービスSMACを売り込んでおり、大連銀行が導入するなど実績も出始めている。

中国人SEの育成は着実に進む

 オフショア開発も強化する。11年にその機能を日本から大連に移し、プレソフトやハイソフトなど中国の協力会社とのコミュニケーションを高めて、品質をさらに高める。

 実は、98年から中国人SEを日本に招へいし、ユーザー企業に常駐させるなどし、日本の商習慣などを体得させてきた。その人数は累計で約100人にもなったという。今も9人が日本企業で開発に取り組んでいる。JBCN大連の小倉輝久営業部統括本部長は、「日本に来て、日本のユーザーの声を聞いてもらうことが重要」と話す。ノウハウを積んだ人材が中国に戻り、日中の橋渡し的な役割も担う。

 小瀧総経理は「日本人は日本人、中国人は中国人と話し合いをしたほうが効果的である」と話す。例えば、ある日系企業の総経理の日本人が商談にOKを出しても、部長の中国人が「もう一度、見積もりを提出してほしい」と待ったをかけることがある。「他社のほうが安い」となり、商談を失うこともあったという。そんな事態を避けるためにも、当初の段階から中国人同士で交渉してもらうようにする。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら