NTT東西のフレッツ 光ネクスト(NTT NGN)を介した2種類のIPv6インターネット接続サービスが登場した。6月1日に始まった「インターネット(IPv6 PPPoE)接続」と、7月21日に始まった「インターネット(IPv6 IPoE)接続」である。5月26日のサービス開始発表まで、前者は「トンネル方式」、後者は「ネイティブ方式」と呼ばれていた。これらの名称で覚えた人もいるだろう。

 この2方式は、2008年頃からNTT東西やJAIPA(日本インターネットプロバイダー協会)など、通信業界内で議論と検討を重ねた上で決まったものだ。議論の経緯は関連記事「大詰め迎えたNGNのIPv6接続問題」に譲るとして、実際に2方式が出そろったいま、気になるのは利用するためにどのような準備が必要になるのか、どのくらい家庭やオフィスのネットワークを変える必要があるのか、ということだろう。そこで編集部のネットワークに、2方式のIPv6インターネット接続サービスを導入してみた。

新しい「アダプタ」という機器は何をするのか

 先に試したのはIPv6 PPPoE接続。編集部にはフレッツ 光ネクストのファミリータイプが導入済みで、プロバイダー(ISP)経由でIPv4インターネットに接続できる。現時点で、IPv4インターネット接続を廃止してIPv6インターネット接続に一本化することはまずないだろう。IPv4でしかアクセスできないサイトやサービスが多数派であるためだ。そのため今回は、IPv4接続に加えてIPv6接続も利用できるデュアルスタックで使うことにした。

 IPv6 PPPoE接続には、「IPv6トンネル対応アダプタ」(以下、アダプタ)という機器が必要になる。これをネットワーク上のどこに置くかが考えどころだった。IPv6のPPPoE接続は、IPv4のPPPoE接続とは別である。これを踏まえたうえで、IPv4とIPv6の二つのPPPoE接続を両立させる構成にしなくてはならない。

 最初編集部では、IPv4のPPPoE接続をしているブロードバンドルーターの配下にアダプタをつなぐ構成を考えた。だが設置作業を開始して早々に、この構成ではIPv6のPPPoE接続は無理だろうと判断した。編集部のブロードバンドルーターには、ほかの機器からのPPPoE接続をブリッジする機能がなかったのである。一方で、IPv6通信をブリッジする機能は搭載していた。アダプタは、IPv4通信とほかの機器からのPPPoE接続はブリッジすることが可能だ。そこで、ブロードバンドルーターとアダプタの上下を入れ替えた。

 結果的に入れ替えたあとの構成が編集部のネットワークには適していたのだが、実は構成を変えたあと数時間、接続用のユーザーIDとパスワードの入力を間違い続けてIPv6インターネットに接続できなかったというオチが付いた。"まさか"のトラブルは、忘れたころにやってくる。

 アダプタには、6通りの接続形態があり得る。この点は、ITproの寄稿連載「トンネル方式入門」で解説しているので参考にしてほしい。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら