写真●2010年12月1日に記者が購入した4Gバイトのメモリーモジュール。台湾Silicon-Power Computer & Communicationsの製品である
写真●2010年12月1日に記者が購入した4Gバイトのメモリーモジュール。台湾Silicon-Power Computer & Communicationsの製品である
[画像のクリックで拡大表示]

 4Gバイト・メモリーモジュールの価格低下が著しい。2009年9月に記者がノートパソコン用の4GバイトDDR2メモリーを秋葉原のパソコンパーツ販売店で購入した時は、4Gバイトが1万6900円だったから、1Gバイト4225円だった。それが今では、4GバイトDDR3メモリーが3980円で買える。1Gバイトが1000円を割ってしまったわけだ。1年4カ月で4分の1の価格になってしまった。

 デスクトップ用はさらに安い。記者は販売店Webサイトの価格を注視しつつ、2010年12月1日に4GバイトDDR3メモリー3本セットを1万3740円で購入した(写真)。1本4490円、1Gバイト1113円で、まあいいだろうと思ったのだ。ところがその後も価格はどんどん下がり、今では同じパッケージが9270円。3割下がって1Gバイトが773円である。悔しいので、もう1パッケージ買って平均購入価格を下げようかと思ったが、株券のように売却益が見込めるものでもないのでやめた。

 購入したデスクトップ用の4Gバイト×3本は、2009年1月から使っているCore i7-920のサーバーに装着した。これまで2Gバイト×6本で12Gバイトだったが、今回18Gバイトになった。Windows Server 2008 R2でHyper-Vを使っているので、仮想マシン1台に割り当てるメモリーを広げることができ、快適である。

8Gバイトモジュールで32Gバイトや48Gバイトが視野に

 そんなことをしているうちに、米Intelのマザーボード製品「DX58OG」と「DX58SO2」が店頭に並び始めた。X58チップセットを搭載したメモリースロット6本を持つマザーボードなのだが、仕様を見ると、なんと最大メモリー容量が48Gバイトであるという。8Gバイトモジュールを6本搭載することを想定しているわけだ。

 2011年1月5日には、米Intelがデスクトップ/ノートパソコン向け新プロセッサを発表した。「Sandy Bridge」というコード名で呼ばれていたもので、具体的な製品名はCore i7-2600などだ。それに対応したLGA1155ソケットを持つマザーボードが、米Intelのほか、台湾ASUSTeK Computer、台湾GIGA-BYTE TECHNOLOGY、台湾MSI(Micro-Star International)などから一斉に発表された。そうしたマザーボードの仕様を見ても、メモリースロット4本で最大メモリー容量が32Gバイトと書いてあるものが多い。

 こう見ると、マザーボードメーカーは既に8Gバイトモジュールのテストを終えているようだ。ユーザーの需要次第で8Gバイトモジュールの流通が始まるだろう。2011年から2012年にかけて、個人のパソコンであっても、メモリーを32Gバイト、48Gバイト搭載することが可能になりそうだ。

 ここまでは自作ユーザー向けのマザーボードの話を書いてきたが、一般ユーザーが購入するパソコンはどうだろうか。1月18日にインテルが開催したイベントで日本ヒューレット・パッカードが配布した、家庭向け2011年春モデルのカタログを見てみよう。ノートパソコンは9製品あり、Atom N550を積んだネットブック(Mini 110-3500、最大メモリー容量1Gバイト)を除くと、標準搭載メモリー容量は2G~8Gバイト、最大メモリー容量は8Gバイトである。ネットブックを除くと、プリインストールされるWindowsは64ビット版だ。デスクトップは11製品あり、メモリーは標準4G~12Gバイト、最大8G~16Gバイト。プリインストールされるWindowsはすべて64ビット版だが、製品によっては、リカバリメディアを使って32ビット版にすることができるものもある。大きく見ると、一般ユーザーであっても、これから使うWindowsパソコンは64ビットのものになりそうだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら