筆者が若かりしころ、上司というものは、とにかく怖い存在でした。上司の机の前に立たされて、長々と説教をくらうのが日課でした。

 そのときは嫌な上司だと思いましたが、今は心から上司に感謝しています。あのとき、上司が叱ってくれたからこそ成長できた---そう思えるからです。今回は、筆者の心に深く刻み込まれている上司の言葉(叱り文句)をいくつか紹介します。若き社会人の諸君、愛のムチだと思ってよ~く聞きなさい。

二人の主任が教えてくれた仕事の基本

 筆者が新入社員時代に所属していた部署には、なぜか2人の上司がいました。A主任とB主任です。どちらも、とっても厳しい上司でした。

 A主任は「納期と計画」にうるさい人でした。新たな仕事を始めてよいかと尋ねると、A主任は「仕事の納期はわかっているの? わかっているなら計画を示してから始めなさい!」と言います。新入社員は、まともな計画など立てられません。いい加減な計画書を提出しては、何度も説教されました。

 B主任は「目的と成果」にうるさい人でした。仕事の終了報告をすると、B主任は「その仕事の目的はわかっているの? わかっているならアウトプット(成果)を出せたのだろうな!」と言います。新入社員は、アウトプットなど意識していません。いい加減な報告書を提出しては、何度も説教されました。

 ある日、筆者は初めて出張の機会を得ました。地方工場の生産ラインに、制御プログラムをインストールする仕事です。プログラムは完成していました。よくできたプログラムだと自負していました。すぐにでも出張して、プログラムを動かしたい。しかし、A主任に話をしたら、仕事を始められません。出張から帰ってB主任と話をしたら、仕事を終わりにできません。どうしたらいいでしょう。

 筆者は、妙案を思いつきました。「納期と計画」にうるさくないB主任と話をして出張の許可をもらい、「目的と成果」にうるさくないA主任に出張の報告をすれば、スムーズに事が進むはずです。この妙案を実行した結果、無事に出張に行けました。

 しかし、帰ってきてから二人の主任に呼び出されて、こっぴどく叱られました。彼らは、筆者の悪巧みを叱りましたが、本当は得意技をかわされたことが悔しかったのかもしれません。こんなセコい筆者ですが、両主任が教えてくれた「納期と計画」と「目的と成果」は、今でも仕事の基本中の基本としています。

上司はなぜ報告書を投げ返すのか

 最近では、筆者も含めて、叱るのが下手な上司が多いようです。優しい言葉で注意する程度しかできません。それに対して、昔の上司はスゴかった。「何だ、これは!」と大声で怒鳴って、部下に報告書を投げ返したりしました。今ではTVドラマでもない限り、こんなに迫力のあるシーンは見られないでしょう。

 若かりしころの筆者は、上司から週報(週末に提出する業務報告書)を投げ返されたことがあります。当時はワープロがなかったので、手書きで書類を書いていました。字が下手なことが原因かと思って、誤字脱字のチェックもしながら丁寧に書き直して再提出すると、またまた投げ返されます。内容を見直して修正を加えて再提出すると、今度は投げ返されず、そのままゴミ箱に捨てられました。

 涙が出てきました。投げ返されるなら、まだガマンできます。しかし、ゴミ箱に捨てるのは、あまりにもひど過ぎるでしょう。筆者は、声を詰まらせながら上司に聞きました。

筆者:なぜ、私の週報をゴミ箱に捨てたのですか?
上司:ゴミだからだよ。
筆者:どこが、ゴミなのですか?
上司:保存する価値がないからだよ。
筆者:どうして、保存する価値がないのですか?
上司:Done(結果)だけが書いてあって、ToDo(今後)がないからだよ。

 これを聞いて、筆者は、ハッとしました。上司の言うとおりです。どんなに立派な内容の週報であっても、今後の計画が書かれていないなら、それを後で見ることはありません。したがって、保存する価値がありません。

 筆者は「わかりました」と言って自分の席に戻り、あらためて週報を書き直しました。下手な字など気にせず、Doneに対するToDoを書きまくりました。それを提出すると、上司はニヤリと笑って「ご苦労様」と言って受け取ってくれました。このとき「上司ってスゴイ! カッコイイ!」と感動しました。いつか、自分も同じことをやってみたいと思いました。

 数年後、筆者も部下を持つようになり、週報を受け取る立場になりました。新人のC君の週報には、案の定Doneしか書いてありません。筆者は、C君を呼んでドキドキしながら週報を投げ返しました(やったぜ!)。C君は「何で投げるのですか!」と烈火のごとく怒り出しました。怖気づいた筆者は、「あ、あのね。週報にはDoneだけでなくてToDoも必ず書いてくださいね」と弱々しく答えました(最近の上司は、叱るのが下手ですね)。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら