SEやプログラマなどのITパーソンは、自分の仕事のどんなところにやりがいを感じているのだろうか?また、そもそもどれくらいの割合の人が、今の仕事にやりがいを感じているのか---。

 こうしたことを明らかにするために、ITproでは、「ITパーソンのやりがいに関する調査」を実施した。アンケートは、2010年2月16日~2010年2月23日にかけて実施し、2012人のITpro会員から回答を得た。

コンサル、プログラマ、SEは「やりたかった仕事」と答えた比率が高い

 アンケートではまず、「今の仕事は、自分がやりたかった仕事かどうか」を聞いてみた。その結果を職種ごとに見たのが、図1である。

図1●今の仕事は、自分がやりたかった仕事ですか
図1●今の仕事は、自分がやりたかった仕事ですか

 職種として選択してもらったのは、SE、プログラマ、コンサルタント、プロジェクト・マネジャー、保守/サポート、運用/管理、マーケティング/営業、管理職・経営者の8つだ。これらの中で、「やりたかった仕事だ」と答えた割合が高かったのは、コンサルタント(21.8%)、プログラマ(21.6%)、SE(20.7%)、管理職・経営者(19.8%)の4職種だった。

 逆に「やりたかった仕事だ」と答えた割合が低かったのは、保守/サポート(8.4%)とマーケティング/営業(10.1%)という結果になった。

 「今の仕事は、自分に向いているかどうか」も聞いてみた。図2は、今の仕事が向いているかどうかを、職種ごとに見たものだ。

図2●今の仕事は、自分に向いていると思いますか
図2●今の仕事は、自分に向いていると思いますか

 今の仕事が「とても向いている」と答えた割合は、コンサルタントが群を抜いて高かった(23.6%)。ただ、「とても向いている」と「ある程度は向いている」の合計を見ると、最も高いのは管理職・経営者(87.9%)で、2位が保守/サポート(86.3%)だった。保守/サポートは、「やりたかった仕事ではないが、やってみるとまあまあ向いている」という人が多いようだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら