OS、Operating System、基本ソフト--。我々がそう呼ぶものの正体は、大きく変貌を遂げた。米グーグルのルイズ・アンドレ・バロッソ氏とウルス・ヘルツル氏は著書「The Datacenter as a Computer」で、「クラスタレベル・インフラストラクチャ」こそがOSなのだという。もはや単一のコンピュータしか制御しないソフトウエアはOSの名に値しないのかもしれない。

 「The Datacenter as a Computer」はグーグルが2009年5月に刊行した書籍で、紙の本として購入できるほか、108ページに及ぶ全文をPDFファイルとしてダウンロードできる(出版元のWebサイト)。著者のバロッソ氏はグーグルの「Distinguished Engineer(最上級エンジニア)」、もう一方の著者であるヘルツル氏の肩書きは「運営上級副社長兼Googleフェロー」といい、グーグルで初めて「技術担当副社長」に就任した人物でもある。グーグルでも最上位に位置する二人のエンジニアが、同社の心臓部であるデータセンターの詳細を書き表したのが本書だ。筆者が日経コンピュータ9月2日号で執筆して、後にITproに転載された「グーグルは“異形”のメーカー」のネタ本(もう少し良い言い方をすると「根拠」)である。

 The Datacenter as a Computerでグーグルは、「インターネットを支えるコンピューティングプラットフォームとはもはや、ピザボックスや冷蔵庫ではない」と述べている。ピザボックスとは「厚さが1Uのラックマウントサーバー」を指し、冷蔵庫とは「大量のプロセッサを搭載したSMP(対称型マルチプロセッサ)サーバー」のことを指す。そういった単体のコンピュータではなく、コンピュータが詰まった倉庫(Warehouse)のように見えるデータセンターこそが、グーグルにとって「a computer(単体のコンピュータ)」なのだ。

本物の「Google OS」は「クラスタレベル・インフラストラクチャ」

 OSとは、コンピュータというハードウエアをアプリケーションから操作するために存在するソフトウエアだ。グーグルにとってはデータセンターが「単体のコンピュータ」である。よって、データセンターにある何千台、何万台ものコンピュータを連携させる「クラスタレベル・インフラストラクチャ」こそが、グーグルにとってのOSとなる。具体的には、分散ファイルシステムの「GFS(Google File System)」、分散ロックシステムの「Chubby」、並列プログラミングモデルの「MapReduce」、キー・バリュー型データストアの「BigTable」、プログラミング言語の「Sawzall」などを指す。

 筆者は7月にITproで「『Google OS』は別にある」という記事を書き、「『Google Chrome OS』はWindowsに対抗してグーグルが肝いりで発表した『Google OS』ではない」と主張した。その主張も基本的には、The Datacenter as a Computerに依拠している。Google OSとはクラスタレベル・インフラストラクチャを指すのであり、単なるパソコン用OSをGoogle OSと呼んでも仕方がないという内容だ。

 もっともこの記事では「Google App Engine」がGoogle OSだと書いていた。それは「本物のGoogle OS」であるGFSやChubby、BigTableが外部に一切提供されていないからだ。グーグル社外の開発者はGoogle App Engineを通じてのみ、間接的に「本物のGoogle OS(GFSやChubby、BigTable)」を利用できる。グーグルは社内で「本物のGoogle OS」を利用し、外部に対しては「機能限定版のGoogle OS」をサービスとして提供していると言えるだろう。

 7月と同じ主張をなぜ今回もしているのかというと、筆者は11月に入って改めて「Google Chrome OSはOSではない」という思いを強くしたからだ。きっかけとなる発言の主は二人いる。一人は米グーグルでプロダクトマネージメント担当バイスプレジデントを務めるブラッドリー・ホロウィッツ氏。もう一人は米マイクロソフトのCEOであるスティーブ・バルマー氏だ。

クラウドのクライアントは単なる「スクリーン」

 グーグルのホロウィッツ氏は2009年11月4日に東京都内で開催された「Google Enterprise Day 2009」で、Chrome OSの目的を「クライアントをシンプルにすることだ」と語った。マイクロソフトのバルマー氏は翌11月5日の記者会見で、これからのアプリケーションプラットフォームが「1つのクラウドを3つの画面から使う(3 Screens and a Cloud)」と表現した。3つの画面とは、パソコンや携帯電話機、テレビのそれを指す。

 つまりクラウド時代においてアプリケーションが実行される場は、グーグルやマイクロソフトが運営するデータセンターであり、パソコンや携帯電話機、テレビといったクライアントは、アプリケーションの実行結果を表示する画面(スクリーン)なのだと、あのマイクロソフトのバルマー氏が言うのだ。

 そしてクライアントが単なるスクリーンであるなら、他の余計なものを徹底的に排除して「メンテナンスゼロで使えるようにした方がいい」(ホロウィッツ氏)というのがグーグルの立場である。一方のマイクロソフトは、「スクリーンであっても、色々なことができた方がいい(リッチクライアント)」という立場をとる。

 今後グーグルが提供する単にスクリーンを制御するだけのソフトウエアを「OS」と呼び、大騒ぎする必要があるだろうか。少なくとも筆者は、液晶ディスプレイを買う際にファームウエアのメーカーを意識したことはないし、液晶ディスプレイの操作メニューについて詳しくなろうと思ったこともない。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら