記者は20年近くWindowsの記事を書いてきた。最近書いたものをざっと挙げてみよう。

 これらの記事にはある共通点がある。「64ビット(x64)のWindowsを使ってみようよ!」というニュアンスをにじませていることだ。しかし,それをはっきりとは書いていない。一般的なパソコン・ユーザーにとって64ビット版Windowsを使うメリットが何なのかが,なかなかわからなかったからだ。

 ソフトウエア開発者やコンピュータ関連のエンジニアにとってのメリットはわかりやすい。「64ビットWindowsを学べる」「テストできる」という理由がある。将来64ビットが主流になることは間違いないのだから,情報収集で一歩先へ進んでおくことは,投資として必ず意味がある。ためらうことなく,64ビットWindowsの利用をお勧めできる。

 だが,普通のパソコン・ユーザーは,特に一歩先んじる必要がない。そんな人たちも,64ビットのWindowsを使うメリットはあるのだろうか? 記者はこれまで,この疑問に明確に答えることができなかった。

 しかし,今なら言える。64ビット版Windows 7を使う最大のメリットは,アプリケーションの起動が高速化し,小気味よくパソコンを使えることだ。一度慣れたらやめられないほどの快適さがある。

Excelが1秒かからずに起動

 例えば,記者が会社でメイン機として使っているパソコン(Athlon 64 X2 4600+,メモリー8Gバイト,ディスク500Gバイト,Windows 7 x64)では,マイクロソフトの表計算ソフト「Excel 2007」が1秒かからずに起動する。開発ツール「Visual C++ 2008 Express Edition」の起動は,1度目は1秒かかったが,2度目と3度目は1秒かからなかった。

 Windows開発者向け情報が詰まった「MSDNライブラリ」のビューアーは,1度目が2秒,2度目と3度目が1秒だった。Windows技術者向けの「Technetライブラリ」も同様だ。

図1●Javaの統合開発環境として有名な「Eclipse」は,1度目が8秒で起動した。2度目と3度目は7秒だった
図1●Javaの統合開発環境として有名な「Eclipse」は,1度目が8秒で起動した

 オープンソースの統合開発環境として有名な「Eclipse」は1度目が8.013秒(図1),2度目が6.914秒,3度目が6.898秒だった。エンバカデロ・テクノロジーズの開発ツール「Delphi 2010 Architect」は,1度目が11秒,2度目と3度目が7秒だった。CPUがデュアル・コアでさほど速いものではないにもかかわらず,アプリケーションの起動時間は驚くほど短い。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら