マイクロソフトが同社の会員サービス「MSDN(Microsoft Developer Network)」「Technet」でWindows 7日本語製品版(RTM,Release to Manufacturing)の提供を開始したのは,2009年8月12日のことだ。そのころ,筆者は日経ソフトウエア2009年10月号の校了で忙殺されていた。

 8月20日に,ようやく会社で主に使う環境をWindows 7に移設し終えた。それ以降,毎日Windows 7で仕事をしている。数日で慣れて新鮮味が薄れており,あっという間に書くべきことを忘れそうなので,今のうちに気づいた点を急いでつぶやいておく。

 まず結論から。筆者は2007年からVistaを愛用してきたが,Windows 7をメイン機として使い始めた今,Vistaを懐かしいと思うことはない。Windows 7は必要十分なパソコン用OSの新バージョンである。これからパソコンを買うなら,10月22日に発売されるWindows 7プリインストール機がお薦めである。

 それまで待てないなら,Windows 7への無償アップグレードが可能なものにすべきだ。自分でアップグレード作業をするのは面倒だが,無償アップグレードの対象機種なら,ドライバー・ソフトを含むサポートの点で,さほど不安はないだろう。10月22日より前に,アップグレード作業の分だけお買い得なパソコンを買える可能性もある。

IPv6の設定時に問題発生

 今回筆者は,それまで使ってきた会社のメイン機とは別に,AMD Athlon 64 X2 4600+(2コア,動作周波数2.4Gヘルツ),メモリー8Gバイト,ディスク500Gバイト,グラフィックス・チップはAMD 780G(統合グラフィックス・チップセット)というハードウエアを用意してWindows 7 x64(64ビット版)のインストールを始めた。

 ドメイン・コントローラへの接続時にIPv6を切る必要があるのはわかっていた。しかし,Vistaと同じ手順ではうまくいかず,レジストリを編集する必要があった(マイクロソフトのサポート・ページを参照)。うまくドメインにつながり,必要なアプリケーション・ソフトウエアをインストールして,旧メイン機のハード・ディスクを移設して必要なデータをコピーすれば,新メイン機への移行は完了である。

 IPv6の設定以外に,特に問題はなかった。これまで使ってきたのがVistaのx64なので,アプリケーション移行の難関は既に越えていたということかもしれない。

タスクバー右端のアイコンが幅を取る

 ん?と思ったのは,タスクバー右端に並ぶトレイ・アイコンだ。Vistaでは図1のようになっていた。Vistaでは「アクティブでないインジケータを隠す」という設定が標準でオンになっているが,筆者はアイコンが出たり引っ込んだりするのが嫌いで,図1のようにすべてを表示する設定にしていた。

図1●Windows Vistaのタスクバー右端のアイコンは,すき間2画素で格納されていた
図1●Windows Vistaのタスクバー右端のアイコンは,すき間2画素で格納されていた

 Windows 7で同様の設定にすると,図2のように微妙に幅を取る。Vistaでは16画素幅のアイコンが18画素間隔(すき間2画素)で並んでいたが,Windows 7では24画素間隔(すき間8画素)なのである。Windows 7は,タスクバー右端に「デスクトップの表示」という領域ができたし,最もタスクバーの高さが低い40画素の場合でも日付を表示するようになった。しかも,筆者は日本語入力ソフトをタスクバーに入れている。これではタスクバーがすぐ一杯になってしまう。

図2●Windows 7では,すき間が8画素になった。すべてのアイコンを表示させると場所を取る
図2●Windows 7では,すき間が8画素になった。すべてのアイコンを表示させると場所を取る
図3●Windows 7の新機能「隠れているインジケーターを表示します」アイコンを押したところ。このように,常時確認したいもの以外は隠しておくのが標準設定なので,心配はいらない
図3●Windows 7の新機能「隠れているインジケーターを表示します」アイコンを押したところ。このように,常時確認したいもの以外は隠しておくのが標準設定なので,心配はいらない

 そこで,Windows 7では「タスクバーに常にすべてのアイコンと通知を表示する」設定を使わないことにした。Windows 7では「隠れているインジケーターを表示します」という上向き三角形のアイコンがタスクバーに追加されたので,それを使えば必要なアイコンをすぐ操作できる(図3)。Vistaより気が利いている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら