これまで第一線で働くSEマネジャとSEのあり方について,筆者の考えをいろいろと主唱してきた。特に,SEマネジャについては「ビジネスに強くなれ」「ぶらっと一人で顧客を訪問せよ」「SEを塩漬けにするな」「SEの体制図を出すな」「チームで仕事をやれ」などと言及してきた。

 それは,SEマネジャがこれらに真剣に取り組まないと,現在SEが抱えている様々な問題の解決も,IT企業が課題にしている「プロジェクト遂行力の強化・提案力の強化」も,なかなか思ったように図れないからである。事実,SEマネジャがビジネスや顧客に強く,部下をきちっと指導している組織は,どこの会社でもSEが一体感を持って生き生きと働いている。そしてプロジェクトや販売活動もうまくいっているものだ。

 しかし,SEマネジャの方々は,筆者の主唱に対しきっと様々な意見を持っていると思う。「馬場の考えは理想論だ。現場を知らない意見だ。そんなことをやろうとしても顧客が反対する。ビジネスがうまくいかなくなる」とか「話は分かる。だが,仕方がないんだ。会社や営業が悪いんだ」など否定的な意見が少なくないはずだ。もちろん「馬場さんの言うとおりだ。頑張っています」と言う人もいると思う。中には「馬場の意見は迷惑だ」と言う方もおられるかもしれない。

 筆者は,確かにSEマネジャがそう簡単に出来ないことばかり言っている。SEマネジャの方が文句を言いたい気持ちは分かる。いろいろと反論したい気持も分かる。多くのSEマネジャが日夜頑張っているのも知っている。だが,SEマネジャの方々は,次の2点を考えてほしい。問題提起も含め,今回それを説明したい。

20年,30年前から続いているSEの問題

 1点目は,20年,30年前から続いているSEの問題だ。どこの企業でも,SEマネジャやSEの多くは「自分たちは技術屋だ。ビジネスや顧客関係は営業やトップの仕事だ。俺たちには直接関係ない。俺たちは技術の仕事をすればいいんだ」と考えやすい。会社も「SEはプロジェクトをしっかりやれ」「IT技術に強くなれ」「資格を持て」など技術面のことは言っても,それ以上のことは具体的にはっきりとは言わない。

 これは20年,30年前も今も同じである。今はSIビジネス,サービス・ビジネスの時代だが,20年,30年前はハードウエア・ビジネスの時代だった。当時のSEは,ハードウエアのおまけ的存在として仕事をしていた。そして20年,30年前前から,長年多くのSEマネジャやSEは「俺たちは技術屋だ」と考えて,真面目に仕事をやってきた。では,その結果,20年,30年前前と比べて,今,SEは一体どうなったのだろうか?

 能力のない営業が,技術上問題のあるシステムを売って顧客やSEが苦労している。無理なシステム開発のために,SEが徹夜・徹夜・残業・残業で苦労している。営業や顧客の反対か何かの理由で,10年も15年も同じ顧客を担当しているSE。「SEを何人つけます」といった類のマンパワー扱い。SEの常駐。体制図の提示など,その他いろいろあるが,これらは20年,30年前とほとんど変わっていない。SEマネジャの方も,若いときを思い返してみれば,今と大して変わっていないと思うはずだ。

 その上,今はSEという職業が20年前,30年前には予想だにしなかった“3K”と称される職業になっている。学生のSE敬遠傾向も起こっている。そんな状況をSEマネジャに「なぜそうなんだろうか?」と質問すると,SEマネジャの中には「会社が悪い。営業が悪い」と言う人が少なくない。

 しかし,管理者であるSEマネジャが「会社が悪い,営業が悪い。だから仕方がない。SEは関係ない」などと他人事のように言ってよいのだろうか。顧客やビジネスを理由にして,部下を一つの顧客に5年も10年も塩漬けにしてSEが本当に成長すると思っているのだろうか?また,部下のキャリアをろくに考えもせず,40代半ばでSEが使い捨ての状態になっても「俺には責任がない」と言えるのだろうか。これでSEは日本の情報化を支えれるのだろうか。読者の方々の考えはどうだろうか。

 SEが長年「自分たちは技術屋だ。ビジネスや顧客関係は営業やトップの仕事だ。俺たちには直接関係ない。俺たちは技術の仕事だけすればいいんだ」と考えて,真面目に仕事をして来た結果が“この状況だ”と言っては,言い過ぎだろうか。もちろん,会社にも責任がある。だが,管理者であるSEマネジャには関係ないとは言えまい。

 SEは「自分たちは技術屋だ」という技術屋の殻に閉じこもっていてはダメだと,SEマネジャの方々に筆者は言いたい。そうでないと,10年後,20年後も現在と同じである。否,オフショア開発が進み,今よりもっと激しい価格競争にさらされ,大変になっているかもしれない。技術屋の殻に閉じこもった閉鎖的な世界からSEは脱皮しない限り,SEにとって将来は決して明るくない。SEが付加価値のあるSEになり,生き生きと働き,ビジネスにより貢献できるかどうかは,勇気のある心あるSEマネジャの腕にかかっていると筆者は思う。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら