前回は藤井に「説得力」に関するアドバイスをしました。仕事では「分かりやすく説明する」とともに,「説得する」という行為も非常に大事になります。そこで,7つのテクニックを紹介しながら,「説得力を持たせる」ために何が必要かを考えてもらうことにしました。

 さて,今回は「質問」に関する話です。これは非常に重要です。「質問」には多くの目的があり,それに応じて具体的な質問話法も変わってきます・・・通常よく使うのは「情報を得る」ための質問だと思いますが,それだけではありません。

 「他人の理解を深める」ための質問,「他人に好意をもってもらう」ための質問,「相手の頭を整理する」ための質問など,多様な質問があります。私はこれらの「質問」を目的別に上手く使うことで,仕事を円滑に進めることができました。そこで,今回はこれに関する話をしましょう。

 今回も,“仕事に役立つ7つの科目”の「(3)説得的会話」に関するノウハウがテーマです。なお,今回のPDFファイルでは「芦屋式『質問のしかた7パターン』スキルアップ・シート」を付録として用意しましたので,質問力を高めたい方,質問テクニックを部下に教えたい方はご活用下さい。

質問には多くの目的がある

芦屋:藤井,坂本,「分かりやすく話す」,「説得力をもって話す」は一通り説明したので,今日は「質問の技術」について考えていこう。質問は奥が深い。「質問する」という行為もその目的はさまざまだ。では問題。藤井,その目的をいってみて?

藤井:そうですね。何かを聞いていて,もっと知りたい場合。深く確認したい場合ということですかね。

芦屋:そう。他にない。坂本?

坂本:急には思いつかないですね。質問なんか無意識だから・・・意図して質問はあまりしていないんじゃないかな。だから,目的なんかあまり考えたことがなかったな。

芦屋:そう。普通は質問は無意識なことが多い。話を聞いていて頭に浮かぶ疑問を確認する。それが質問の自然な形だな。でも,質問はもっと戦略的に使うことが重要だ。

坂本:戦略的に?

芦屋:そう。目的に合わせて相手に質問し,望ましい結果を得るということ。それが僕がしてきた質問だ。

藤井:難しそうですね。

芦屋:そんなことはないよ。僕も上司に教えてもらったらそんなに難しくなかった・・・だから,今から僕が整理してきた目的別・・・用途別の質問基本話法を説明するよ。そうだな,名前は「仕事で役立った"質問のしかた"7パターン」としよう。繰り返しになるけど,僕が今までやってきたことをまとめてある。当然,君たちのオリジナルでいいのだけど,最初のシード(種)話法として説明するよ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら