来る2007年11月8日から3日間にわたって,日本財団が提供する公益事業のコミュニティサイトCANPANが主催する「3つの大賞」授賞式が開催されます。これは,CANPANのネットワークを活用している「CSR活動と情報公開に優れた企業」「公益情報の発信に秀でたNPOや個人」「パートナーシップを発揮した企業とNPO」を表彰するものです。

 CANPANオープン当初は「公益というお固いテーマで情報を発信する人がいるのか?見に来る人がいるのか?」と大いに不安もあったようです。しかし,今では,1695ものブログサイトが情報発信を続けて,月間訪問者数が約114万人,月間閲覧数が約467万ページを超える人気サイトになりました(いずれも2007年9月末現在)。

 昨年に続いて,私はCANPANブログ大賞の審査委員長を拝命しました。そして,第1回受賞者とパネルディスカッションもご一緒して「CANPANブログ大賞2006受賞作に見る公益ブログの可能性」について再認識したことを思い返しました。今後,企業経営において「心ある公益ブロガーの視線」は無視できないものになるでしょう。

 特に,企業経営者や幹部が注目すべきは,今年から新設された「CANPAN CSR大賞」でしょう。これは,インターネット投票を通じて市民が「ベストCSR企業!」を選ぶ,日本で初めての試みです。いずれは,このCSR大賞が企業イメージやブランド力を証する重要なステイタスになるはずです。

「CANPAN第1回CSRプラス大賞」候補33企業からネット投票

 CANPANのメニューの重要な1つ「CANPAN CSRプラス」は,「CSR(企業の社会的責任)に関する企業の取り組みのデータベースや,関連ニュースリリース,基礎知識や最新傾向がわかる編集部レポートなど,企業と市民が『CSRでコミュニケーションする』サイト」です

 今回CSRプラス大賞の候補企業としてネット投票の対象に選ばれたのは,以下の33社。東証一部上場企業から15社,非上場中堅中小企業から18社が選ばれています。

旭硝子株式会社,株式会社アレフ,イートス株式会社,岡村印刷工業株式会社,奥田建設株式会社,株式会社尾鍋組,カシオ計算機株式会社,株式会社河合楽器製作所,関西電力株式会社,九州電力株式会社,コマスマーケティング株式会社,株式会社コミュニティタクシー,株式会社サカタ製作所,サッポロホールディングス株式会社,株式会社サンキュードラッグ,市民生活協同組合ならコープ,積水ハウス株式会社,ソニー株式会社,大日本印刷株式会社,太平洋セメント株式会社,株式会社大和証券グループ本社,株式会社タカミヤ,道栄紙業株式会社,凸版印刷株式会社,奈良中央信用金庫,日本電気株式会社,富士ゼロックス新潟株式会社,株式会社富士メガネ,株式会社プラスヴォイス,マツダ株式会社,三井物産株式会社,三菱電機株式会社,株式会社リバイブ(50音順)

 上場企業の15社は,CANPAN CSRプラスが実施した「上場企業のCSR情報公開度調査」の上位企業が順次選ばれました。

 非上場の18社は,全国6カ所の「中間支援組織:NPOへの支援など行政と地域の間にたって様々な活動を支援する組織」が推薦した各3社が選ばれています。

市民の声も伝えるネット投票は票が集まる

 CSRプラス大賞候補の企業33社に対して,2007年9月14日(金)~2007年9月30日(日)までネット投票が行われていました。まだ第1回で知名度も低く,期間も短かったにも関わらず,実に2万174名もの投票が寄せられたそうです。

 私も個人的に「尊敬する企業」がリストに入っていたので投票をしてみました。しかし,ただ選挙のようにネット投票するわけではありません。なぜ,その企業を選び拍手を贈るのか「自分の言葉」で書かなくてはなりませんでした。その理由を書いてみてわかったのですが,心から尊敬をしていないと「なかなか書けない」ものです。

 反対に,理由を書かれる経営者から見れば,企業を取り巻く市民の方々が「自社に何を望むか?どこに賛意と敬意を感じるか?」がわかる貴重な資料になるはずです。「自社商品やサービスに対するお客様の声」は集めていても,「社会的にどんな企業としてあることが尊敬を集め,企業の存続と繁栄につながるかという市民の声」は,ひょっとしたら経営者に届いていないかもしれません。

 もちろん大賞に選ばれるに越したことはありません。しかし「お金では買えない」市民の声を知るだけでも,この候補企業に選ばれる価値がありそうです。

11/9の授賞式で企業CSRのあるべき姿を市民から

 CANPAN第1回CSRプラス大賞の授賞式は,2007年11月9日(金)の14時から17時30分,東京赤坂の日本財団で開催されます。ネットで事前に申し込めば,誰でも無料で参加できるオープンなイベントです。

 この授賞式での注目は,受賞企業の事例発表に加えて「地域展開時代のCSR~情報開示で深める・広める~」と題した記念シンポジウムでしょう。受賞企業に対して,地域のNPO,CANPANのCSR報告書調査員,企業のCSRアドバイザーらが,心からのエールと本音のリクエストを贈るパネル討論です。

 このパネルディスカッションの真の狙いは,「企業が考えるCSR活動」と「市民が期待するCSR活動」とのギャップを明らかにして「企業CSR活動のあるべき姿」を探ることです。

 ただでさえCSR活動や情報公開にも熱心な受賞企業が,この授賞式でさらに飛躍する可能性があります。例えば,CSR担当者のみならず経営のキーマンを参加させて,市民からのエールとリクエストに耳を傾け,即実践していったらどうなるでしょうか?おそらく「嫌々お付き合いでCSR活動をしている企業」との「理念と行動両面」での差はますます開くばかりでしょう。そして,先進企業との差が,企業のブランドイメージの差となって大きく顕れる日が,きっと来るはずです。

 また,大賞受賞企業にとっても,それはゴールではなくスタートとなるでしょう。受賞後もCANPAN CSRプラスなども通じて,活動を進化させながら情報公開をしなくてはなりません。おそらく毎年の授賞式のたびに,過去の受賞企業への情報アクセスが殺到するでしょう。ですから「よき模範企業」として,さらに先を行く必要があるのです。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら