前回は,"話が分からない"と言われたことがある人向けに,「上手く説明するために,どんなチェック・ポイントがあるか」を藤井と坂本の説明力を比較しながら見ていただきました。

 さて,今回も前回の続きとして,藤井に説明力についてアドバイスした際のエピソードを紹介します。今回も,“仕事に役立つ7つの科目”の「(3)説得的会話」に関するノウハウがテーマです。なお,PDFファイルで「"話が上手くない人"が説明時に受ける質問10例と原因,対策表」を用意しましたので,会社の研修,教育にご活用いただければと思います。

「話が分からない」と言われる人は,どんな質問をされているか。

芦屋:藤井,前回の打ち合わせで僕は君に「話が分からないと言われたことがあるだろう」と言った。そして,君は不満そうに「YES」と言った。

藤井:まあ,事実は事実ですので・・・

芦屋:君の話は「分かる説明」のルールを満たしていないから,「分かりにくい」と言われるんだ。ルールというのは,前回説明した「上手い説明の10のルール」だ。

上手い説明の10のルール
1.構造的に話す
2.「テーマや目的」を最初に明確に伝える
3.結論(概要)を最初に話す
4.重要なことから話す
5.重要事項を決めておく
6.事実と意見,推定は分ける
7.感情的な表現は省く
8.修飾語を必要以上に混ぜない
9.省略しすぎない
10.一歩,一歩理解させながら話す

芦屋:基本的にこれに注意すれば,最低限の「分かりやすさ」は担保できるように考えてある。これを使ってちょっと前回の君の説明と,坂本の説明を比べてみよう。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら