写真1●OSS貢献者賞 授賞式
写真1●OSS貢献者賞 授賞式
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●OSS貢献者賞の受賞者
写真2●OSS貢献者賞の受賞者
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●ワーキング・グループの会議
写真3●ワーキング・グループの会議
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●メイン会議の様子
写真4●メイン会議の様子
[画像のクリックで拡大表示]
写真5●天津の海鮮料理
写真5●天津の海鮮料理
[画像のクリックで拡大表示]

 4月13日~14日の2日間にわたり,中国天津市で,「第四回北東アジアOSS推進フォーラム」が開催されました。会合には,日本・中国・韓国の産業界,研究機関,大学,政府関係者等約250名の参加がありました。このうち日本からの参加者は役60名でした。その模様を,田代秀一がご紹介いたします。

 北東アジアOSS推進フォーラムは,日本OSS推進フォーラム,中国OSS推進連盟,韓国OSS推進フォーラムの3者が合同で行う会合で,その第一回会合は2004年4月3日に北京で開催されました。その後第二回会合が2004年7月28日に札幌で,第三回会合が2004年12月3日にソウルで行われてきました。

 この会合について,「日中韓共同でLinuxの共同開発を行うことを決議」などと報道されてしまうことが過去に何度かあったのですが,「一つのディストリビューションを共同で作る」といった意図はありません。共通するキー技術について共同で技術的検討を行おう,とか,OSSで国際貢献できるような人材を育成しよう,とか,相互運用性確保のため国際標準へ共同で貢献しよう,といったことへ向けての情報交換や議論が主な目的です。

 今回,人材育成については,面白いイベントがありました。日本,中国,韓国のそれぞれで選ばれた「OSSに関する貢献者」を集め,合同で表彰する,というものです。

 日本からは,昨年(2005年)8月に日本OSS推進フォーラムから「OSS貢献者賞」を受賞された,鵜飼文敏さん,高橋浩和さん,高林哲さん,まつもとゆきひろさんの4名が表彰されました(残念ながら,このうち高林哲さんはご都合がつかず,天津へ参加することはできませんでした)。写真は表彰式の模様です。受賞者のみなさんには,今回のホスト国である中国が準備した巨大なトロフィーと盾が送られました(写真1写真2)。

 北東アジアOSS推進フォーラムでは,その第三回会合(2004年12月)において,3つのワーキンググループ(WG),(1)技術開発・評価(WG1)(2)人材育成(WG2)(3)標準化・認証研究(WG3)を設立しています。それから今回までの約1年4カ月間,各WGにおいての議論が活発に進められてきました。

 13日にWGの会議が並行で行われましたが,そこでなされた経過報告や今後へ向けての議論の概要は以下のとおりです。

(1)技術開発・評価について

 日中韓でのOSSの技術的活動内容について報告がなされました。わが国からは性能評価の結果や,学校・自治体へのOSSデスクトップ導入実験の結果が報告されました。

 Linuxは多様なディストリビューション が流通していますが,操作性の相違やアプリケーションの互換性などについて問題が生じていることが指摘されています。この問題の解決に向け,デスクトップ分野とサーバー分野のそれぞれについて専門的な検討を行い,共同して解決にあたるための2つのサブWGの設立が合意されました。

(2)人材育成について

 OSSの一層の開発や普及を図るため,OSSに関連するスキルの認定方法や,OSS分野で国際貢献できる人間を増やすためのカリキュラムや教材について検討を行うこととし,そのためのタスクグループの設立に合意しました。

(3)標準化について

 キーボード等から多様な文字を入力するために用いる多言語文字入力システムの相互運用性確保に必要な要求仕様について日中韓での合意に至り,国際組織へ提出する準備を進めていることが報告されました。さらにその詳細化へ向けての共同作業の推進が合意されました。

 写真3は13日に行われたWG会議の一こまです。

 翌14日は全体会合です。各国政府のIT担当局長,各国OSS推進フォーラム代表や事務局代表などからの挨拶に引き続き,基調講演,各WGからの報告があり,その後セッション1(研究・開発),セッション2(OSSビジネスモデル),セッション3(OSSエコシステム),セッション4(各国動向),セッション5(各国OSSセンター紹介),セッション6(OSS貢献者賞)がありました。

 これらのセッションで,日本からはまつもと氏によるRuby開発にかかる苦労話,石田氏からOSSにかかるビジネスモデルの話,石井氏からPostgreSQLにおけるコミュニティ形成の話,伊久美氏から日本におけるOSS導入実証実験の話,中原氏から日本OSS貢献者賞の選定プロセスの話し,田代からIPAに設立されたOSSセンターの紹介が行われました(写真4)。

 ところで,天津は海辺の町です。「天津といえば甘栗」,というのは「サンマは目黒」に匹敵する「ガセ」と言われており(その本当の産地は燕山山脈地方とのこと),美味しいのは海の幸です。昼食に,会場ホテルからちょっと抜け出し,海鮮料理店へ行ってみました。現地の人が天津ではぜひ蝦蛄を食べて帰れ,とオーダーしてくれたのが写真の料理です(写真5)。殻つき茹でたての蝦蛄というのは初めて食べましたが,とても美味しかったです。しかし,手で殻をむくのは大変でした。修行が必要です。

 次回,第五回北東アジアOSS推進フォーラムは日本で開催されることに決定しました。次期はまだ確定していませんが,11月中旬ころを目指して調整中です。ここで意義のある成果をたくさん紹介できるよう,準備を進めてゆきたいと思います。

(田代秀一=OSSセンター長)

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る