閉じる

間違いだらけのネットワーク作り

松田 次博=情報化研究会主宰
ITpro

目次

  • iPad時代の“SIP”の価値

     今回はiPadにSIPを使ったコミュニケーション機能を持たせる話を書こうと思う。iPadにはマイクとスピーカーはついているが電話機能はついていない。電話機能を持たせれば大きな画面に資料を映しながら電話会議が出来て便利だな、と思いついた。IPネットワーク上で電話やビデオ会議を実現する技術としてはSI…

  • 画像による“Share&Shower”というコミュニケーション

     先日、5年ぶりに高校の同窓会があった。この同窓会にある人が面白いデジカメを持参していた。ロボット・デジカメだ。半径15センチほどの半球形の台にデジカメを載せたもので、くるくると回転しカメラの角度を上下に変えながら人物を検出して自動撮影する。今回はこのロボット・デジカメを手がかりに考えた“Share…

  • あなた、「サービス可否判定」できますか?

     今回は企業ネットワークの設計や試験、移行の準備がきちんと行われ、サービス開始が可能かどうか判断する「サービス可否判定」について述べたい。新ネットワークのサービスを開始するには、安全に移行できて十分な品質で運用できる裏付けが必要となる。それを経営者やシステムの実務者に説明し、サービス開始の許可を得る…

  • 今どきのネットワークコンサルティング

     今回はネットワークコンサルティングの考え方や進め方について述べたい。コンサルほど楽しい仕事はない。なぜなら、クライアントのためになるだけでなく自分たちの勉強にもなり、コンサルの中から新しいアイデアが生まれてくるからだ。ところが、筆者とまったく違う考え方をするITのプロもいる。

  • 内線電話機にも、オンライン端末にもなるスマートデバイス

     今回はiPhone、iPadを題材にスマートデバイスを企業でどう活用するかを考えたい。結論から言えば、「スマートデバイスはユーザーが購入する、あるいは自分で作るアプリケーションによって内線電話機にもなれば、業務用オンライン端末にも、ドキュメントビューアーにもなる。利用目的を明確にして使うと確実にメ…

  • 回線開通物語

     今年のゴールデンウィークは四国へ帰省し、愛媛にある実家から徳島の那賀町という町にある温泉へ出かけた。那賀町は山深いところだが那賀川に沿って国道が整備され、立派な瓦屋根の民家や小さいながら新緑の中で白さが目立つきれいな中学校の校舎が豊かさを感じさせる町だった。さて、今回はネットワークの土台である回線…

  • Android端末はiPhone、iPadに勝てるか? ~多様性 vs 統一性~

     4月3日土曜日、情報化研究会・第11回京都研究会を開催するため、京都へ行った。会場は昨年に引き続き、JR京都駅前のキャンパスプラザ京都だ。東京からの15人を含め、41人が参加した。NTTグループの若い社員から、東大教授や裁判官までいるという多彩な顔ぶれだ。さて、今回は研究会の三つの講演のトピックに…

  • 提案コンペに勝つ法

     慶應義塾大学理工学部の小池康博教授を訪ねた。小池教授はプラスチック光ファイバの世界的権威で、まだ54歳という若さながら毎年ノーベル賞の候補に名が挙がる人なのだそうだ。小池教授にはさわやかさが感じられた。さわやかとは、「受注だ、売り上げだ、利益だ」と頭の中につねに数字がある人間と違い、物欲や金銭欲が…

  • 浅田選手がキム選手に負けたのではない、浅田プロジェクトがキム・プロジェクトに負けたのだ

     3月1日月曜日、「今週は大事なイベントが多い。すべてうまく乗り切れるかな」と思いつつ出勤した。火曜日には大手町でアナリスト向けにネットワークのトレンドについて90分の講演、水曜日には大型案件での役員プレゼン、金曜日には販売代理店向けのセミナーで70分の講演が予定されていた。

  • 「ペーパーレス」はやめて「eペーパー」と言おう

     1月下旬、大手企業20社あまりが集まる情報通信の勉強会に招かれて講演した。皆さん面白そうに聞いてくれ、講演後の懇親会も大盛り上がりだった。参加した人の何人かと後日訪問する約束をした。最初に訪問したのは講演のちょうど1週間後、あるメーカーだ。勉強会に出席した若い方と、その上司(Yさん)が出て来られた…

  • 「ゆるい」コミュニケーションの価値

     新しい年を迎えて初めてする習字を「書き初め」というが、書道とは縁のない筆者は遅ればせながら1月15日に「話し初め」をした。お客様を訪問しての講演で、「ミニ・セミナー」と呼んでいる。ミニ・セミナーのいいところは、一歩踏み込んで話せることと、聴講者が少人数かつ同じ会社の人たちなので質問しやすいことだ。…

  • 「空っぽ」のクラウドに意味はない

     12月3日,大阪で講演をした。対象はユーザー企業の方々,約70名だ。テーマは「新サービスとクラウドで革新する企業ネットワーク-Gmailはいらない」とした。Gmailはいらない,というのが過激で勇ましい。企業,とりわけ大企業ではメールの送信権を細かく制御し,チェックすることが求められ,誰でも何でも…

  • 「想定外の目的」が革新をもたらす

     10月28日,明治記念館で「間違いだらけのネットワーク作り600回突破記念パーティ」を行った。このコラムと同じ題名のコラムを,1997年9月から毎週土曜日に情報化研究会HPに連載している。それが600週,つまり12年を超えたのだ。20人あまりが参加したパーティで嬉しかったことは,半数以上が30代の…

  • Gmailと競合しないのはなぜだろう?

     9月某日の夕刻,田町駅で山手線を待っていると,電車全体がチョコレート色で車体にはチョコレートのパッケージが描かれ,車内も一面にチョコレートのポスターが張られた「チョコレート電車」が入って来た。「面白い!」と,思わず写真を撮った。「徹底している」ことが面白いのだ。最近,ネットワークやITに関連する提…

  • FMCで変わる「内線」の意味

     9月某日,客先でミニセミナーをするために東京郊外の街へ出かけた。その昔,ドラマの舞台として注目を集めたこの街も,今では住民の高齢化で話題になっている。しかし,意外にも駅からお客様のデータセンターへと向かう歩道ではベビーカーを押す若いお母さんと何度もすれ違った。広々した緑の多い空間に現代的な建物が立…

  • 誰でも実践できる「分かりやすいプレゼン」,三つのコツ

     7月最後の週末,恒例の研究会旅行で丹後半島へ出かけた。例年なら梅雨明け後の安定した夏空が広がっている時期なのに,東京から4時間あまり電車を乗り継いで着いた天橋立駅は雨雲の下だった。東京,大阪,広島などから11人が集まった。先着していた人によると,私が到着する直前までどしゃぶりの雨だったという。

  • あなた,ネットワークの7月革命を知っていますか?

     メルマガでキングジムの「ポメラ」について否定的なコメントを書いたところ,熱烈なポメラファンだというお客様から面白い反論メールを頂いた。インターネットは見るだけの人9割と情報発信する人1割で支配されている。とりわけ近年は情報発信する人が増えてきた。その結果,メインPCではないサブマシンで,キーボード…

  • 今こそ,ペーパーレス

     毎週,数社の企業を訪問していろいろな会話をさせていただいている。案件開拓が目的なのだが,とても面白い。昨日(6月9日)はそろそろクロージングというところで「最後にクイズを出しましょう」と言われて「ヘエッ」となった。「うちはつい最近,会社貸与の携帯を全部,A社に統一しました。ところが,サンクトペテル…

  • Google Voiceはいらない

     4月24日,NECで社内向け講演会を行った。会場は100人収容のセミナールームだったのだが,講演の周知をしてわずか1日で100名を超える申し込みが来た。事務局の人が会場に入れない人たちのために,自席のパソコンでリアルタイムに視聴できるようにしてくれた。こういうことがサッと出来るのはさすがだ。それに…

  • おいしいフランス料理店の選び方

     4月4日土曜日,東京発9時10分発ののぞみで京都に向かった。恒例の京都研究会を開催するためだ。恒例とは言っても今年は特別な年で,情報化研究会発足25周年,京都研究会は10周年という記念の研究会だった。その模様はITproで詳しく紹介された。立派な記事にして貰ったのは有難いのだが,筆者のキャッチフレ…

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

サーバー/ストレージ

セキュリティ

もっと見る