米Googleのブログ・サービス「Blogger」がベータ版から正式版に移行した。同社ソフトウエア・エンジニアのLexi Baugher氏が公式ブログへの投稿で米国時間12月20日に明らかにしたもの。旧バージョンと新バージョンを用意する。

 新バージョンでは,HTMLやCSSの知識がなくても,テンプレート内の要素(画像,ロゴ,リスト,RSSやカラー,フォントなど)を追加および編集できる。特定の読者に限定して公開できるほか,投稿へのラベル付けやフィードの設定(全コメント,一部コメント)なども可能。

 新バージョンを利用するには「Google Account」が必要。旧バージョンは従来通りBloggerアカウントでログインする。新バージョンを選んでも,これまでのコンテンツに影響はない。

 しばらくは新旧バージョンを並行して運用するが,いずれはGoogle Accountによるログインに統一する予定という(米メディア)。

[Baugher氏の投稿記事]