米Microsoftは,「the 2007 Microsoft Office system」の新しいユーザー・インタフェース(UI)技術をロイヤルティ・フリーでライセンス供与する。Microsoftが米国時間11月21日に明らかにしたもの。

 このライセンスにより,サードパーティは2007 Officeと同様のルック&フィールを持つアプリケーションの開発が可能になるという。Microsoftは,新UIに関する特許などの知的財産をライセンス供与するほか,設計ガイドライン文書を提供する。今のところソフトウエアのコードを開示する予定はない。

 対象とするアプリケーションのプラットフォームに制限を設けない。ただしMicrosoftは,「新UIを採用した『Word』『Excel』『PowerPoint』『Outlook』『Access』と直接競合するアプリケーションは除外する」としている。

 米メディア(InfoWorld)によると,ライセンス供与の対象となるUI技術は「RibbonX」という。

[発表資料へ]