米Microsoftは,先週末に限定的に公開したWindows Vistaの「ビルド5381」にやや手を加えて「Beta 2」として配布するもようだ。Windows VistaのBeta 2のDVDメディアは,5月23日(米国時間)に始まる「WinHEC 2006」で配布される。また5月27日(同)から,MicrosoftのWebサイトでBeta 2のDVDを入手できるようになる見込みである。

 Microsoftは先週末,ビルド5381を限定的にテスターに公開して人々を驚かせた。というのも,Beta 2が公開されるまではもう中間的なビルドが出ないと思われていたからである。このビルドの問題を修正したものがBeta 2になる。Beta 2は数百万人のユーザーに配布される予定だ。

 Microsoftは,Windows Vista Beta 2のDVDをWinHEC 2006の出席者に対してOffice 2007 Beta 2と合わせて配布する計画だ。MicrosoftのWebサイト経由でVista Beta 2のDVDが入手できるようになるのは5月27日になる。

 筆者がMicrosoftに対してBeta 2の配布計画について問い合わせても,同社は詳細を明らかにしなかった。Microsoftの広報担当者は「われわれは予定通りBeta 2を今四半期に出荷します」と語った。内部関係者によれば,米Gartnerによる「MicrosoftはWindows Vistaの出荷を再度延期する」という予測をはねのけるために,Beta 2のリリースに圧力がかかっているらしい。Windows Vista Beta 2の登場によって,多くのユーザーがWindows Vistaの現状を目にすることがとうとう可能になる。

 ビルド5381に関していえば,Microsoftは先週末にビルド5381.5という中間的なリリースを作った上で,その作業をあきらめて次のビルドに移行した。同じく先週末,Microsoftはビルド5382を社内向けにリリースした。来週頭には,ビルド5383が出来上がるだろう。筆者が聞くところによれば,ビルド5383の変種(恐らく5383.5)が来週中には「Beta 2」になるという。またMicrosoftは同時に,ポストBeta 2(またはRC1,Release Candidate 1)の作業も行っている。内部ソースによれば,RC1のビルド・ナンバーは「542x」になるらしい。

Windows IT Pro, (C)2006. Penton Media, Inc.