フィッシングに使われたWebページ(米Websenseの発表資料から引用)
フィッシングに使われたWebページ(米Websenseの発表資料から引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 米Websenseは米国時間11月8日,米Googleの名を騙ったフィッシング詐欺について警告を発した。ユーザーを「You WON $400.00 !!!(400ドルが当たりました!!!)」と書いた偽のWebサイトに誘導し,懸賞金を受け取るためと称して,クレジットカード番号や住所といった個人情報を盗もうとする。

 Websense社によると,Google社の偽サイトは米国のサーバーでホスティングされている。米メディア(CNET News.com)の報道によれば,同偽サイトへのリンクを含むスパム・メールがインターネット・ユーザーに送りつけられるという。

 ちなみに同メディアの情報では,「2005年8月に発見されたフィッシング・サイトの数は5259件で,7月の4564件より大幅に増加している」(フィッシング対策の業界団体Anti-Phishing Working Groupの調査)。

◎関連記事
Windows Updateの偽サイト出現,フィッシングの可能性
VISAをかたる日本語フィッシングが再び,偽サイトではURLを偽装
被害世界一の米イーベイに学ぶ最先端のフィッシング対策
氾濫するフィッシングで募るネットへの不信感,あなたの会社は対策をしていますか
「フィッシング対策には,偽サイト情報の周知が効果的」と米ホールセキュリティ
<フィッシング検出機能c,効果のほどは?
2005年フィッシング事情
「フィッシングの新たな手法『ファーミング』に要注意」,フィッシング対策団体の調査

[発表資料へ]