電話や電子メールに加えて,Windows Live Messenger(MSN Messenger)などのインスタント・メッセージで連絡を取ることが増えてきたようだ。ITproの読者は,インスタント・メッセージをどの程度認知し,利用しているのか。2009年7月6日から2009年7月14日にかけて,ITproは「インスタント・メッセージの認知度と利用度に関する調査」を実施。2003人から回答を得た。

「知らない」は2割,ほぼ半数が利用経験あり

 まず,インスタント・メッセージ(以下IM)を知っているかを聞いた(図1)。「知らない」と答えたのは19.5%。「よく知っている」が22.7%,「およその機能を知っている」が38.8%,「言葉は知っている」が19.0%だった。およそ8割がIMを認知している状況といえる。

図1●IMの認知度(N=2003)
図1●IMの認知度(N=2003)

 続いて,IMを利用したことがあるかどうかを聞いた(図2)。なんらかの形で「利用したことがある」と答えたのは49.2%。「知らない」か「利用したことはない」と答えたのは50.8%で,ITpro読者のほぼ半数がIMを利用した経験がある。

図2●IMの利用度(N=2003)
図2●IMの利用度(N=2003)

39歳以下と40歳以上で利用率は24ポイント差

 利用率に年齢差はあるのか。IMを「知っている」と答えた39歳以下(N=651)と40歳以上(N=951)で比較してみた(図3)。39歳以下では74.0%が「利用したことがある」と答えたのに対して,40歳以上では52.6%と,21.4ポイントの差があった。利用率に年齢差はあり,30歳代以下のほうが利用率が高かった。

図3●IMの利用度を39歳以下と40歳以上で比較した
図3●IMの利用度を39歳以下と40歳以上で比較した

 39歳以下の中でも差がある。20歳代(N=92)の利用率は86.7%,30歳代(N=556)の利用率は71.4%で,調査母数がやや少ないものの,若い世代になるほどよく利用されている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら