業務で使っているオフィス・ソフトは圧倒的にMicrosoft Officeが多いが,オープンソースのOpenOffice.orgの利用者も回答者全体の約5分の1に上る。また,Microsoft Officeのユーザーは半数以上が,最新版のOffice 2007ではなくOffice 2003を使っている――。2009年6月24日から6月30日にかけて実施した「業務におけるオフィス・ソフトの利用状況に関する調査」で明らかになった結果である。

 業務においてMicrosoft Officeを使っていると答えたのは回答者全体の99.1%(図1)。圧倒的な数字と言ってよい。ただし,オープンソースのOpenOffice.orgを利用していると答えた人も19.2%いる。ITproがほぼ1年前にあたる,2008年5月20日から5月27日にかけて実施した「オフィス・ソフトに関する調査」では,OpenOffice.orgの利用率は約21.9%であったから,さほど変化がないように思える。

 しかし,このときの調査は業務とプライベートの両方を対象にしたものである(関連記事「OpenOffice.orgは22%,Google Docsは11%が使用,オフィス・ソフト利用調査」)。業務利用に限った今回の調査で利用している人の割合が19.2%と出たのは,OpenOffice.orgの業務利用が浸透してきた表れと見ても良いだろう。Microsoft Office以外のオフィス・ソフトを使っている人にその理由を尋ねたところ,3分の2が「価格が安いこと」をあげた(図2)。ちなみに,「会社の方針」という選択肢も用意しておいたのだが,今回の調査では選んだ人がいなかった。

図1●業務で使っているオフィス・ソフト(複数選択可)。有効回答=2668人
図1●業務で使っているオフィス・ソフト(複数選択可)。有効回答=2668人
図2●Microsoft Office以外のソフトを使う理由(複数選択可)。有効回答=27人
図2●Microsoft Office以外のソフトを使う理由(複数選択可)。有効回答=27人

 では,Microsoft Officeの利用者は,どのバージョンを使っているのか。この質問に対しては,半数以上(52.9%)が「Office 2003」を使っていると答えている(図3)。最新バージョンである「Office 2007」を使っていると答えたのは20%で,Office 2003の利用者の半数に満たない。

図3●使っているMicrosoft Officeのバージョン(単一選択)。有効回答=2637人
図3●使っているMicrosoft Officeのバージョン(単一選択)。有効回答=2637人

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら