米国の非営利調査機関Pew Internet & American Life Projectが実施した調査によると,2008年12月に米国成人の11%が「Twitter」や「Yammer」などのミニブログ・サービスにアクセスし,自身の現状についてアップロードしたり,他者の情報を読んだりしたという。同年11月では9%,6月の時点では6%だった。

 ミニブログ・サービスの主流ユーザーは若者層で,18~24歳の19%が利用したことがあり,24~34歳ではその割合は20%。しかし,35~44歳では10%,45~54歳では5%と減少し,55~64歳は4%,65歳以上は2%にとどまった。

 ミニブログ・サービスの利用は,他のソーシャル・サービスの使用と密接な関係がある。SNSユーザーの23%がミニブログを使ったことがあるが,非SNSユーザーではわずか4%だった。同様に,ブロガーの27%はTwitterも利用し,非ブロガーの場合は10%のみだった。

 2006年8月に始まったTwitterは,「今何してる?」といった質問を投げかけ,140文字以内の短いテキスト・メッセージを投稿して,現在の状況について気軽に仲間と情報共有できる場として人気が広がった。最近では,「ハドソン川の奇跡」の目撃者が現地レポートを携帯電話から投稿するなど,市民ジャーナリズムの手段としても広がりつつある。

 携帯電話やノート・パソコンなど,無線でインターネット接続するユーザーの方がミニブログ・サービスの利用率が高い。無線接続ユーザーの14%はミニブログ・サービスにアクセスしたことがあり,無線接続環境を持たないインターネット・ユーザーの場合は6%だった。

[プレス・リリース]
[調査レポート(PDF文書)]