だれが言い出したか「勉強の秋」。というわけで今回の「記者のつぶやき調査編」のお題は「ITプロと英語力」である。10月最終週にWebアンケートを実施したところ,1065人の方から回答を頂いた。英語力がテーマだったためか,今回は外資系企業の方からの回答が少なく,1065件中38件(3.6%)だけだった。

 アンケートを通じて知りたかったことは,IT関連職種における英語力の“需給ギャップ”,つまり「その業務に必要な英語力」と「その人の実際の英語力」との差である。果たしてどのITプロが一番困っているだろうか。

英語で困っている人は7割超

 そもそもみんなどの程度困っているのか。さして困っていない,という可能性もあるので,アンケートの冒頭でまず,業務における英語力の不足感を尋ねた。あにはからんや,「不足を感じたことはある」という回答は72.7%にもなった(図1)。どの職種でも,過半の人が不足感を訴えている。皆さん相当困っているんですね。私もです。

図1●職種別にみた,英語力不足を感じている人の割合(有効回答数1059)
図1●職種別にみた,英語力不足を感じている人の割合(有効回答数1059)

 不足感が特に強い職種トップ3は「プログラマ」「コンサルタント」「プロジェクト・マネジャー」。最下位は「マーケティング/営業」で,トップの「プログラマ」に比べ約20ポイント低い。これは英語力が十分だからなのか,それとも業務で英語を使う機会があまりないからなのか。

 答えはどうも後者らしい。「担当業務における英語力の必要性」を尋ねた結果(図2),「システム運用/管理」や「マーケティング/営業」が下位に来ているからだ。逆に「プログラマ」「コンサルタント」はここでも上位に来ている。この2つの職種は,業務で英語力が求められることが多いために,英語力に対する不足感を感じる機会も多い,と解釈ができそうだ。

図2●職種別にみた英語力の必要性(カッコ内は有効回答数)
図2●職種別にみた英語力の必要性(カッコ内は有効回答数)

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら