ベンダー主導で進められてきたグリーンITも,いよいよユーザーが自らが戦略を立てて計画的に取り組む実践期に入った。中には100台のサーバーを8台に統合することで,消費電力を4分の1に削減できたという事例も聞かれるほどだ。

 では,企業のグリーンITへの取り組みはどれくらい進んでいるのか。ITproでは,IT分野の調査やコンサルティングを手がけるアイ・ティ・アール(ITR)と共同で,ITpro読者を対象に「企業のグリーンIT度」調査を実施した。実施期間は,2008年9月9日~9月30日。541人から有効回答を得た。

 調査では,グリーンITの具体的な対策を聞くだけでなく,総合的な視点から「企業のグリーンIT度」を評価するための設問を練った。最終的には,「環境対策を推進する組織体制」,「IT機器の省エネ取り組みの状況」,「情報システムの省エネ管理体制」,「情報化のプロセス」,「システムの投資対効果」の5つの視点から31問の質問を作成した。ここではその回答の一部をご紹介する。

情報システム部門のグリーンITへの意識は高くない

 まず最初に,情報システム部門(以下,IS部門)のグリーンITに対する意識を聞いた(図1)。「グリーンITはIS部門において取り組むべき課題」という回答は全体の4割弱にとどまった。企業全体の電力消費量のうち,IT機器による比率は3~5%程度と言われており,情報システムの担当者としては,まだまだ省エネへの意識は低いようだ。

図1●グリーンITは情報システム部門において取り組むべき課題か(単一回答)
図1●グリーンITは情報システム部門において取り組むべき課題か(単一回答)

 次に,グリーンITの取り組みを進めるときの課題について聞いた(図2)。上位を占めたのは,「どのレベルまで取り組むかの深度が不明確」,「取り組んでいくべき範囲・内容が不明確」という回答である。どんな取り組みを,どれくらい進めればいいのか,まだよくわかっていないようだ。「取り組みを進めるための社内体制が不十分」という回答も半数近くあった。一方で,グリーンITそのものに関する知識不足を指摘する声も4割を占めた。

図2●グリーンITの取り組みを進めるときの課題(複数回答)
図2●グリーンITの取り組みを進めるときの課題(複数回答)

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら