調査内容 システム・インテグレーターが手がけている業務分野の認知率
調査時期 2008年6月中旬
調査対象 ITpro Researchモニターに登録している企業情報システム担当者
有効回答 3163件(1207件)
( )内は情報システム担当者の有効回答数


 日経マーケット・アクセスが,ITpro Researchモニターに登録している企業情報システム担当者を対象に行った2008年6月調査では,国内の主なシステム・インテグレーター(SIer)68社を対象に,各SIerがITビジネス分野のどの領域を手がけていると思われているのか(認知度)を聞いた。今回も業務アプリケーション系8分野とインフラ系8分野(「調査概要」を参照)について,各主要SIerがその分野を「手がけている」と思うかどうかを聞いた。今日の記事で業務アプリケーション系,明日7月18日付けの記事でインフラ系の結果を紹介する。

事業領域認知率の平均値はバックオフィス寄り分野がやや上昇

 業務アプリケーション系8分野についての評価対象全68社への認知率の平均値を見ると,今回は過去3回(2008年1月調査2007年10月調査2007年7月調査)の中ではやや高めだが,前回の2008年1月調査とほぼ同じ値だった。平均値が最も高い分野は,経営戦略・意思決定支援系の33.2%(2008年1月調査では31.9%,10月調査では28.7%,7月調査では26.6%)で,前回より1.3ポイント上昇した。

 評価対象インテグレータの事業領域として認知されている率の平均値が2番目に高いのは,CRM・顧客関連系の30.8%(同31.3%,26.4%,27.3%)。次いで会計系の30.7%(同30.3%,29.5%,29.0%),SCM系が28.6%(同29.4%,26.1%,24.8%)。以下SFA・営業系28.2%(同30.2%,24.9%,26.5%),人事・給与系も28.2%(同27.9%,27.0%,27.2%),生産管理系が26.9%(同26.9%,22.7%,24.1%),物流系が23.1%(同23.2%,19.6%,23.2%)の順となっている。認知率の平均値が前回調査より上昇したのは,「経営戦略」「会計」「人事・給与」というバックオフィス寄りの3分野だが,SFA・営業系と経営戦略系以外の6分野は前回と1ポイント以内の増減である。

「オールラウンダー」はISC-Jがトップ,NECソフトがやや後退

 各分野で上位5社以内の認知率を得たSIerを下の図に示した。最も多い5分野で上位5社に入ったのは,日本アイ・ビー・エム・サービス(ISC-J,同68社中3位の42.5%)。次いで日立ソフトウェアエンジニアリング(日立ソフト,8分野平均認知率は68社中トップの43.8%),IBMビジネスコンサルティングサービス(IBCS,同2位の42.8%),東芝ソリューション(TSOL,同10位の38.2%)の3社が4分野で上位5社に入った。日立ソフトはCRM・顧客関連系,生産管理系,物流系の3分野で首位の認知度を得ている。

 前回,前々回調査で評価対象インテグレータ中最も多くの分野で上位5社入り(前回5分野,前々回7分野)していた“オールラウンダー”の雄NECソフトは,今回調査ではSFA・営業系,CRM・顧客関連系,生産管理系の3分野に止まった(8分野平均認知率は68社中4位の41.4%)。しかし上位10社入りの分野数で見ると,NECソフトは経営戦略系以外の7分野に入っており,日立ソフト,ISC-J(ともに会計系以外の7分野で上位10社入り)と肩を並べている。

 NECソフトと同数の3分野で上位5社入りしたのは,他に日立情報システムズ(8分野平均認知率は5位の39.9%)。8分野の平均認知率上位は以下,CSKグループ(8分野平均認知率は6位の39.5%),富士通ビジネスシステム(FJB,同7位で39.2%),富士通システムソリューションズ(Fsol,同8位で39.0%),東芝情報システム(同9位で38.3%),10位が前出のTSOL。上位10社は日立系3社,IBM系,富士通系,東芝系が各2社,独立系1社となっている。

 業界最大手のNTTデータは,前回SFA系と物流系の認知率で上位5社に入っていたが,今回は最高がCRM系の7位(42.4%),8分野平均認知率は12位(37.2%)。大塚商会がNTTデータを上回る11位(37.5%)に食い込んだ。

分野の認知度突出は「会計・人事のオービック」,日立ソフトの生産管理系も上位に

 一方,個別の分野で特に高い認知率を得ているSIerの代表は,今回も「会計・人事のオービック」。会計系と人事・給与系で断然トップ。68社の認知率の平均値と標準偏差から偏差値を算出すると,オービックの人事・給与系が83.2で全社・業務系全8分野中最大。次いでオービックの会計系(82.8),野村総合研究所の経営戦略・意思決定支援系(82.6),日立ソフトの生産管理系(80.5),IBCSの経営戦略・意思決定支援系(78.0)がベスト5だった。

専門担当者の認知度では,NTTデータが全8分野で上位5社に入る

 図示していないが,今回この業務系8分野について,それぞれの分野のシステムを「業務として担当している」とした回答者だけを母集団(100%)として絞り込んだ集計をしてみると,NTTデータが4分野で上位3社,残り4分野も4位に入った。

 “業務分野のシステム担当者”の認知度での68社の首位は,経営戦略・意思決定支援系が野村総合研究所とIBCS(ともに46.6%)。人事・給与系と会計系はともにオービック(順に41.6%,37.0%)。SCM系はISC-Jと新日鉄ソリューションズ(ともに25.8%),SFA系と生産管理系は大塚商会(順に30.6%,23.9%),CRM系はNTTデータ(同36.4%),物流系は東芝情報システムと内田洋行(ともに23.8%)だった。

 そのほか人事・給与系と会計系で大塚商会が,首位のオービックと3ポイント弱の差(順に38.8%,35.5%)の2位。生産管理系は首位の大塚商会に日立ソフト(23.2%)と新日鉄ソリューションズ(23.0%)に1ポイント以内の僅差。SCM系は3位日立ソフト(25.7%)と4位NTTデータ(24.7%)が首位2社と約1ポイントの僅差。SFA系でもNTTデータ(28.0%)は上位2社と3ポイント弱の差。物流系は首位2社と1.6ポイント差に日立情報システムズ(21.2%)が付けている。

■調査概要
 日経マーケット・アクセスが,ITpro Researchモニターに登録している企業情報システム担当者を対象に,システム・インテグレーター(SIer)の主要企業68社について,各SIerがITビジネス分野のどの領域を手がけていると思われているのか(認知度)を聞いた。初回2006年10月調査,2回目は2007年1月調査(日経マーケット・アクセス2007年3月号「記事A19」参照),3回目は2007年7月調査,4回目が2007年10月調査,5回目が2008年1月調査,今回が6回目の調査である。
 各SIerについて,【業務アプリケーション系】8分野(経営戦略・意思決定支援系,会計系,人事・給与系,SCM系,SFA・営業系,CRM・顧客関連系,生産管理系,物流系)と,【インフラ系】8分野(セキュリティー系,WAN/LAN/電話系,ネット系(電子商取引など),ストレージ系,アプリケーション連携基盤系,SaaS/ASP,機器・場所提供型データセンター,運用管理・災害対策型データセンター)の合計8分野を提示。取引や商談経験の有無に関係なく,回答者が知る範囲で,各SIerがその分野のITビジネス(サービス)を手がけていると思うかを聞いた。16分野とも空欄とした無回答者は,当該SIerを“知らない”ないし“視野に入れていない”と解釈して,有効回答数から除外している。提示したSIer68社すべてが,この基準で有効回答数30以上を獲得した。
 なお,前回2008年1月調査までは,【インフラ系】は7分野(セキュリティー系,グループウエア/情報共有系,WAN/LAN/電話系,インターネット系(情報発信/電子商取引/マーケティング),ストレージ系,アプリケーション/システム間連携基盤系,運用/危機対策/ビジネス・コンティニュイティ系)を提示しており,業務アプリ系8分野と合わせて15分野を空欄とした無回答者を有効回答数から除外していた。
 今回の2008年6月調査では評価対象のインテグレータ(SIer)のリストを一部見直した。前回2008年1月調査から「SRA」,「アイ・ティ・フロンティア」,「シャープシステムプロダクト」をリストから除外。「IIJグループ(インターネットイニシアティブ,IIJ-Techなど)」,「パナソニック システムソリューションズ ジャパン(旧パナソニック システムソリューションズ社,パナソニックSSマーケティングなど)」,「アイネス」をリストに追加している。そのほか「TIS」に換えて「ITホールディングス(インテック,TISなど)」,「CSKシステムズ(CSKコミュニケーションズ,CSK-ITマネジメントなどを含む)」に換えて「CSKグループ(CSKシステムズ,CSKコミュニケーションズ,CSK-ITマネジメントなど)」を提示した。評価対象企業全136社のリストは,本調査の設問の原文とともに,日経マーケット・アクセスの有償会員向けサイト「日経MA-INDEX 企業情報システム」で近日中に公開する予定。
 調査実施時期は2008年6月中旬,調査全体の有効回答は3163件,「所属する企業・組織で自社の情報システムにかかわる業務(企画立案・設計・開発・運用・予算承認など)を担当している」とした実質的な有効回答は1207件。

図●システム・インテグレーターが手がけている業務分野の認知率【経営戦略・意思決定支援系上位5社】   図●システム・インテグレーターが手がけている業務分野の認知率【会計系上位5社】
 
図●システム・インテグレーターが手がけている業務分野の認知率【SCM系上位5社】   図●システム・インテグレーターが手がけている業務分野の認知率【SFA・営業系上位5社】
 
図●システム・インテグレーターが手がけている業務分野の認知率【生産管理系上位5社】   図●システム・インテグレーターが手がけている業務分野の認知率【物流系上位5社】
 
図●システム・インテグレーターが手がけている業務分野の認知率【人事・給与系上位5社】   図●システム・インテグレーターが手がけている業務分野の認知率【CRM・顧客関連系上位5社】
図●システム・インテグレーターが手がけている業務分野の認知率(各分野の上位5社)
[画像のクリックで拡大表示]

回答者が担当するシステムの範囲/分野

■変更履歴
タイトルを「業務系の認知はIBMサービスが5分野,日立ソフト/ISC-J/TSOLが4分野でベスト5占める」としていましたが,正しくは「業務系の認知はIBMサービスが5分野,日立ソフト/IBCS/TSOLが4分野でベスト5占める」です。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2008/7/17 11:15]
出典:日経マーケット・アクセスINDEX:企業情報システム 2008年6月調査
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。