スマートフォンを業務で利用中の読者モニターは1割未満──。一方「利用する予定はない」との回答は7割を超えた。多くの企業にとってスマートフォンは,業務に使う以前の段階のようだ。

Q1●スマートフォンを業務で利用していますか?
Q1●スマートフォンを業務で利用していますか?

 スマートフォンを利用しない(予定がない)理由(複数回答)として最も多かったのは,「携帯電話機で十分なため」で5割超。次に多かった回答は「ノート・パソコンを社外で利用しているため」で5割弱だった。

Q2●スマートフォンを利用しない理由は?(複数回答)
Q2●スマートフォンを利用しない理由は?(複数回答)

 一方,スマートフォンを利用している(予定・検討を含む)読者モニターにその理由(複数回答)を聞いたところ,「ノート・パソコンの代替用途」,「通信機能を備えているため」,「小型軽量なため」との回答が6割超で並んだ。情報漏えい防止などの点から,ノート・パソコンの社外持ち出しを禁止している企業は多い。こうした企業の一部が,スマートフォンをその代替にしていると考えられる。

Q3●スマートフォンを利用する(予定・検討を含む)理由は?(複数回答)
Q3●スマートフォンを利用する(予定・検討を含む)理由は?(複数回答)

 グラフは掲載していないが,利用中(予定・検討を含む)の読者モニターがスマートフォンに対して改善して欲しい点としては「価格が高い」(6割強),「携帯電話機に比べて端末の動作(操作感など)が遅い」(5割弱),「動作しないアプリケーションがある」(4割強)との回答が多かった。

 全回答者を対象にした自由記入欄には,「パソコンと比べて中途半端」,「性能がパソコンに劣る」といった記述が目立った。多くのユーザーはスマートフォンに対して“どっちつかず”といった感じを抱いているようだ。

●調査概要
出典:日経コミュニケーション 2008年6月15日号 65ページより
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。