先日,ITproで「NGN商用サービスに感じた理想と現実」という記事を執筆し,読者の方々にNGNについてのアンケートに3月上旬までお答えいただいた(関連記事)。一部を日経コンピュータの3月15日号に掲載したが,今回はその結果から特筆すべきポイントを紹介したい。

図1●回答者のプロフィール
図1●回答者のプロフィール
アンケート期間は2008年2月29日から3月5日

 NTTがサービス概要と料金案を発表した2月末時点でのアンケートであるが,立場の違いによってNGNに異なるイメージを持っていることが浮き彫りとなった。

 アンケートに協力してくれたITpro会員のプロフィールは,ITベンダーの方が最も多く187人,次いでユーザー企業の情報システム担当の方が113人,通信事業者に所属する方は95人だった。その他は214人である。

 全体が609人なので,約3割がITベンダー,約2割がユーザー,15%が通信事業者という状況だ(図1)。こうしたプロフィールごとに結果を分析すると,NGNに対する期待や要望について顕著な差が出た。

 例えば,「NGNに期待する技術は何ですか」(アンケートのQ3)と聞いた項目では,「通信の品質」に対する期待がほぼ高い水準で一致するが,サービスに直結する技術については通信事業者の期待だけが高かった(図2)。例えば,「携帯電話と固定電話の連携」「回線認証」「ユニキャスト・データ配信」といったものだ。

図2●「NGNに期待する技術は何ですか」に対するプロフィールごとの回答率
図2●「NGNに期待する技術は何ですか」に対するプロフィールごとの回答率(複数回答)

 「NGNによってどのようなサービスが利用できるようになるとよいと考えていますか」(アンケートのQ4)に対する反応も同様である。通信事業者が「携帯電話と固定電話の連携」、いわゆるFMC(Fixed Mobile Communication)サービスの投入を待ち望んでいる状況が際だっている。

 一方,ユーザーは遠隔地や海外とのミーティングに使えるテレビ電話への期待が低いのが目立つ。テレビ電話のニーズを感じていないのか,ブロードバンドのサービスで十分と感じているのか。IP電話と各種サービスを連携させるユニファイド・コミュニケーションの導入動向と合わせて検証する必要があるだろう。

図3●「NGNによってどのようなサービスが利用できるようになるとよいと考えていますか」に対するプロフィールごとの回答率
図3●「NGNによってどのようなサービスが利用できるようになるとよいと考えていますか」に対するプロフィールごとの回答率(複数回答)

 ITベンダーは帯域を保証する「QoSサービス」に対する興味が低い。回線速度が安定すれば,帯域を確保するための装置を販売したり,コンサルティングをする機会が減ると考えたのかもしれない。そもそも現在のブロードバンドの品質で十分と判断したベンダーの方もおられるのだろう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら