写真1●デルSonicWALL事業の藤岡健氏
写真1●デルSonicWALL事業の藤岡健氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●デル・SonicWALLが2014年9月に発売する「SuperMassive 9800」
写真2●デル・SonicWALLが2014年9月に発売する「SuperMassive 9800」
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●Dell SonicWALL Product Line ManagerのSwarup Selvaraman氏
写真3●Dell SonicWALL Product Line ManagerのSwarup Selvaraman氏
[画像のクリックで拡大表示]

 デルは2014年7月8日、セキュリティソフトウエア事業「SonicWALL」の日本市場への本格参入に際して、事業戦略説明会を開催した。SonicWALLはデルが2012年に買収した米SonicWALL(関連記事:Dell、ネットワークセキュリティのSonicWALLを買収へ)から引き継いだ事業である。

 日本市場における営業責任者であるアウトサイドリージョンセールスディレクター ジャパンカントリーマネージャー - セキュリティソフトウェアの藤岡健氏(写真1)は「SonicWALLはネットワークファイアウオールのうちUTM(統合脅威管理)機能を備えた機器や、メールセキュリティ分野で高い技術力を持つ。他社製品に比べてコストパフォーマンスが高く、同一レベルの製品なら他社製品のほぼ2分の1の価格で提供している。ソフトウエアの日本語対応も充実しており、日本で使いやすい点を訴求したい」と述べた。

 日本事業の現況について、デル・SonicWALLが強みとする中堅・中小市場向け販売が年率20%台で急速に伸びているという。ファイアウオールの最上位機「SuperMassive」も教育機関や官公庁からの引き合いが強く、大規模導入が続いているとした。

 9月には大企業・組織向けの次世代ファイアウオールアプライアンス機「SuperMassive 9800」(写真2、価格未定)を提供開始することも発表した。利用者数1万人以上の大規模顧客を対象に販売する。2Uサイズラックマウント型アプライアンス機で、64コアのCPU、SSDカードなどを内蔵。10Gbpsイーサネットのネットワーク上で、ユーザー識別やSSL復号化などを実行する性能を持つ。

 ファイアウオールに次ぐ注力分野として電子メールセキュリティを挙げた。「Eメールセキュリティ8.0」(発売中、ソフトウエアの価格は1000ユーザーで60万円程度から)を軸に、サーバー側のメールセキュリティソフトの置き替え需要獲得を目指す。

 「スパム対策ソフトウエアの国内市場規模は2014年度に77億円程度と見込まれている。緩やかに成長している安定した市場で、2005~2007年ごろに導入されたメールセキュリティのリプレースの時期がこれから来る」(藤岡氏)。大手セキュリティ企業の競争が激しい市場だが、今後1年間で2億円の売上高を目指すとした。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら