米グーグルが現地時間の2014年6月25日から開催している「Google I/O 2014」では、基調講演で次期Androidの開発者プレビューなどを発表した(関連記事)。本記事では基調講演の後半にグーグルが発表したAndroid対応のウエアラブル、自動車、テレビなどの製品、ChromebookやGoogleドライブについてのアップデートについてレポートする。

Android Wear SDKの正式版を発表、対応スマートウォッチ

 まず2014年3月にベータ版のSDKを公開していた「Android Wear」について、続報を発表した。平均的なAndroidユーザーは1日に125回もスマートフォンを確認するという。Android Wearでは身体に装着したウエアラブルデバイスにより、重要な通知などを素早く確認することが狙いとなる。

 基調講演では、LGによるAndroid Wear対応スマートウォッチ「LG G Watch」の実機を使って、詳細なデモを披露した(写真1)。

写真1●LG G WatchによるAndroid Wearのデモ
[画像のクリックで拡大表示]

 例えばフライトの予定がある場合、バイブレーションによる通知や、Google Nowによる空港周辺の天気や交通情報などをスマートウォッチ上で受け取ることを可能とする。「OK Google」と呼びかけることで、音声によるコントロールにも対応する。

 スマートフォンとの連携のデモでは、スマートウォッチ上で通知を確認して消去したところ、スマートフォン上の通知も同時に消去されるため、同じ通知を2回消去する必要がないという。通知が不要なときはスワイプ操作で通知をオフにしたり、Googleマップによるナビゲーション機能も利用できる。

 ほかにも宅配ピザのアプリでは、スマートウォッチだけで前回の注文を再実行し、20秒でピザを頼むデモを披露。レシピアプリでは、スマートウォッチ上でのページめくりとスマートフォンが同期、レシピ内の調理時間をタップすることでタイマーアプリで時間を計る、といった機能を披露した。これらのアプリは、スマートフォン版をGoogle Playからインストールしておけば、自動的にスマートウォッチ版をダウンロードする仕組みになっているという。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら