写真1●米Salesforce.comは東京都内で開催したイベントでLINEとの提携を発表
写真1●米Salesforce.comは東京都内で開催したイベントでLINEとの提携を発表
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●対談する米Salesforce.comのリー・ホークスレイ氏(左)とLINEの田端信太郎氏
写真2●対談する米Salesforce.comのリー・ホークスレイ氏(左)とLINEの田端信太郎氏
[画像のクリックで拡大表示]

 クラウド型情報システム大手の米Salesforce.comと、無料通話・メッセージアプリのLINEは2014年6月10日、業務提携を発表した(写真1)。Salesforceが企業向けに提供するCRM(顧客関係管理)基盤ソフト「Salesforce ExactTarget Marketing Cloud」と、LINEが企業の販促用に提供している「公式アカウント」の間でデータ連携できるようにする。

 ExactTargetは、主に一般消費者向け商品を扱う企業向けの販促支援ソフト。自社が保有する顧客データやPOS(販売時点情報管理)データ、Webサイトのアクセス履歴、電子メールやTwitter、Facebookなどでやり取りした履歴などを一元管理し、条件に合った顧客を抽出して、告知やクーポンなどを配信できる。通信手段として、電子メールやSMS(ショート・メッセージ・サービス)、SNS、Webサイトなどを利用できる。

 今回の提携により、新たにExactTargetからLINEメッセージの送信が可能になる。顧客の属性や行動履歴に応じてメッセージやクーポン画像、スタンプなどを出し分けることもできる。

 ExactTargetの利用料金は年間800万円からで、対象顧客データ数やメッセージ配信数などによって変動する。これとは別に、LINE公式アカウントの利用料(月額250万円程度)がかかる。

 Salesforce ExactTarget Marketing Cloud SVP&ジェネラルマネージャーのリー・ホークスレイ氏(写真2左)は「顧客と企業の関係を深めるうえで、LINEのようなリアルタイムの通信手段は効果的だ」と述べた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら