写真1●「Pepper」。高さ1210×奥行き425×幅485mmで、重さは28kg
写真1●「Pepper」。高さ1210×奥行き425×幅485mmで、重さは28kg
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●右からソフトバンクモバイルの孫正義社長兼CEO、仏アルデバラン・ロボティクスのブルーノ・メゾニエCEO
写真2●右からソフトバンクモバイルの孫正義社長兼CEO、仏アルデバラン・ロボティクスのブルーノ・メゾニエCEO
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●発表会に参加したゲストとの記念撮影が行われた。左から宮迫博之さん、橋本環奈さん、樋口可南子さん、上戸彩さん、ダンテ・カーヴァーさん
写真3●発表会に参加したゲストとの記念撮影が行われた。左から宮迫博之さん、橋本環奈さん、樋口可南子さん、上戸彩さん、ダンテ・カーヴァーさん
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●Pepperの動作をプログラミングするツールの1つ。箱形のコマンドを並べ、条件分岐などを指定するだけでアプリケーションを開発できる。ほかに、PythonやC++などの言語にも対応している
写真4●Pepperの動作をプログラミングするツールの1つ。箱形のコマンドを並べ、条件分岐などを指定するだけでアプリケーションを開発できる。ほかに、PythonやC++などの言語にも対応している
[画像のクリックで拡大表示]
写真5●ソフトバンクショップでの会話をイメージしたデモが行われた。実際に店舗に設置した際は、30分おきのショーの合間に、来店者がPepperと自由に会話できる時間帯も設けるという
写真5●ソフトバンクショップでの会話をイメージしたデモが行われた。実際に店舗に設置した際は、30分おきのショーの合間に、来店者がPepperと自由に会話できる時間帯も設けるという
[画像のクリックで拡大表示]

 ソフトバンクモバイルは2014年6月5日、感情認識機能を備えた人型ロボット「Pepper」を2015年2月から19万8000円(税別)で発売すると発表した。開発では、ソフトバンクの関連会社である仏アルデバラン・ロボティクスが協力。生産は台湾フォックスコン・テクノロジー・グループが担当する。

 Pepperは、一般家庭に導入することを想定したパーソナルロボット。身長121cmで、2足歩行ではなくホイールで移動する。最大速度は時速3km。胸元に10.1型のタッチディスプレイを搭載する。

 ソフトバンクモバイルの孫正義社長兼CEO(最高経営責任者)は、「感情移入しやすいのはやはり人型ロボット。ただ、2足歩行ロボットにすると、30分~1時間しかバッテリーが持たない。あえて、長時間安定的に動ける形状にした」と外観のコンセプトを説明した。Pepperは、12時間以上稼働させることを想定している。発表会では、子供の相手をする「ベビーシッター」や、パーティなどで人々を楽しませる「パーティープロモーター」などの利用例を示した。

 Pepperの特徴は、感情認識機能を世界で初めて搭載したこと。頭部には、マイク4台、カメラ2台、3D(3次元)センサー1台を搭載する。これによって、人の表情や声のトーンから、笑いや怒りなどの感情を認識する。

 人との距離や、声のする方向も識別できる。アルデバラン・ロボティクスのブルーノ・メゾニエCEOは、「音声認識だけでなく、感情を理解することで、最適な表現で人々とやり取りすることができる。ロボットが音で返事をするだけでなく、最適なジェスチャーを組み合わせることで、温かい雰囲気を持つようになる」と、感情機能を持たせるメリットを説明した。

 Pepperの動作ソフトウエアは、アルデバラン・ロボティクスが2005年から開発を進めている、小型人型ロボット「NAO」のソフトがベース。Pepperも「NAOqi(ナオキ)」という独自のOSで動作する。

 今後開発者向けに配布されるSDKを使用すると、動きや会話を組み合わせた動作プログラム「ロボアプリ」を作成できる。2014年9月には、技術使用やロボアプリの開発方法を説明する「テックフェスティバル」を東京で開催する予定だ。

 「目指すのは感情を理解し、自ら動くロボット」と孫社長は言う。人間がプログラムした行動をそのまま実行するのではなく、ロボット自身の意思によって適切な行動が取れることを目指す。そのために、「何をすれば人が喜ぶのか」といったデータを個々のPepperが集め、インターネット上の「クラウドAI」サーバーに集積する仕組みを導入する。世界中のPepperからデータを集めることによって、加速度的に学習が進むという。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら