NECは2014年5月28日、SDN(ソフトウエア・デファインド・ネットワーキング)を活用してクラウドの運用を自動化するソリューション「IaaS運用自動化ソリューション」を強化し、同日から販売を始めると発表した。これまでデータセンター内のネットワークでのみ使われていたSDNを、データセンター間のネットワークにも適用することで、複数のデータセンターを仮想的に1つのデータセンターに見立てた運用が可能になるという。

 NECによると、主な特徴は(1)リソース逼迫時に、データセンターをまたいだリソース共有ができる、(2)業務システム単位で、ディザスターリカバリー(DR)を自動化できる――の2つ。

 (1)のデータセンターをまたいだリソース共有は、複数のSDNコントローラーを統合管理する「UNIVERGE PF6800 Unified Network Coordinator」とクラウド基盤ソフトウエア「WebSAM vDC Automation」の連携で実現する。複数の拠点をまたぐネットワークを統合管理し、複数のデータセンターを仮想的な1つのデータセンターとして運用する。これにより、データセンター内でリソースが逼迫した際にも、自動的に他のデータセンターのリソースを使用できるようになる。

 (2)の業務システム単位のDR自動化は、業務システムで使用するサーバー、ストレージ、ネットワークなどのリソースを、移動可能なリソースとしてプロファイル(リソースの属性や設定情報)に定義することで実現する。これらを事前に管理画面から物理環境に割り当てておけば、災害発生時に離れたデータセンターのリソースを使って再稼働できる()。バックアップ用のデータセンターに同じ構成の機器を用意する必要がなくなり、コストを削減することが可能になる。

 参考価格(税別)は、ネットワークオーケストレーションのみの「IaaS運用自動化ソリューション(WebSAM + UNIVERGE PFシリーズ)」で782万円から。ただし、価格にはシステムインテグレーション(SI)費用と保守料は含んでいない。

図●複数データセンター間におけるディザスターリカバリー(DR)の構成例
[画像のクリックで拡大表示]