写真1●2014年3月期連結決算を発表するソフトバンクの孫正義社長。「33年の最短期間で営業利益1兆円を達成した」。
写真1●2014年3月期連結決算を発表するソフトバンクの孫正義社長。「33年の最短期間で営業利益1兆円を達成した」。
[画像のクリックで拡大表示]

 ソフトバンクは2014年5月7日、2014年3月期(2013年度)連結決算(国際会計基準)を発表した。売上高は前年同期比108.2%増の6兆6666億5100万円、営業利益は同35.8%増の1兆853億6200万円と増収増益だった。売上高は過去最高、営業利益は9期連続の最高益。売上高、営業利益、純利益の全ての指標で、NTTドコモとKDDI(au)を上回った。

 決算説明会に登壇した孫正義社長は、「日本市場でこれまで営業利益1兆円を突破したことがある企業は、NTTとトヨタ自動車だけ。ソフトバンクは33年という最短期間で1兆円を達成した」とアピールした(写真1)。ただ「この数字に満足しているわけではなく、あくまで通過点にすぎない」と、さらなる成長に意欲を示す。

 売上高は2013年7月に買収した米スプリントの影響が大きく、約2兆6000億円の押し上げ効果があった。営業利益についてもガンホー・オンライン・エンターテイメントとウィルコムの子会社化に伴う一時益が約2539億円の押し上げ効果となっており、これを差し引くと前年同期比4%増(321億円増)になる。

 ただ、2015年3月期(2014年度)は一時益を含まず、営業利益1兆円超の目標を掲げる。「実質、2000億円を超える増益」(孫社長)を計画する。売上高についても従前の7兆円を8兆円に上方修正した。2014年1月30日に子会社化した米ブライトスターによる押し上げ効果を見込んだもので、利益面の貢献は「絶対額として小さく、キリのいい数字で上乗せするほどではない」(同)という。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら