写真●富士通の山本正已社長
写真●富士通の山本正已社長
[画像のクリックで拡大表示]

 富士通は2014年4月30日、2014年3月期の連結決算を発表した。売上高は2013年3月期比8.7%増の4兆7624億円、営業利益は同61.5%増の1425億円で増収増益となった。増収となるのは6期ぶり。最終損益は799億円の赤字から、486億円への黒字に転換した。

 記者会見した山本正已社長(写真)は、「当社にとって2013年度は構造改革の年だった。株主とは復配で、従業員とはベースアップを通じて(業績回復の)成果を分かち合いたい」と述べた。

 業績の牽引役となったのが、ITサービスやIT関連製品などの「テクノロジーソリューション」セグメント。売上高は2013年3月期比で10.2%増の3兆2430億円、営業利益は351億円増の2091億円だった。「第1四半期から期を追うごとに受注・売り上げともに伸び、増益率が2割超になった」(山本社長)。

 同セグメントのうち「サービス」については、国内のSIビジネスが好調だったのに加え、為替影響により海外売上高が17.9%伸びた。サービスのみで営業利益を1511億円稼ぎ、「リーマン・ショック前の利益水準に戻った」と塚野英博CFO(最高財務責任者)は強調した。

 一方で、PCや携帯電話などの「ユビキタスソリューション」セグメントは赤字転落。売上高は2013年3月期比で3.2%増の1兆1254億円、営業損益は317億円悪化し221億円の赤字を計上した。Windows XPのサポート終了に伴う駆け込み需要などによりPCが好調だった一方で、「携帯電話については350億円を超える赤字になった」(塚野CFO)。

 携帯電話の出荷台数は2013年3月期の650万台から、2014年3月期は370万台に減少した。2015年3月期は310万台の出荷を見込んでいる。端末製造子会社の集約などでコスト構造を改善し、「月産30万台で利益を出せる体制になった」と山本社長は説明した。

 PCについては、2015年3月期に510万台(2014年3月期実績は590万台)を出荷する計画である。「XP特需」が無くなるため、PCの価格競争が激しくなると想定。2014年3月期における携帯電話とPCの合計売上高は7993億円だったが、2015年3月期は7200億円に減ると見込んでいる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら