日本IBMは2014年4月24日、新プロセッサ「POWER8」を搭載したサーバー製品「Power Systems Sクラス」を発表した(関連記事:日本IBMが「POWER8」搭載の新サーバーを発表、x86に比べ50倍の分析処理速度を実現)。同日開催した発表会で、サーバーの新製品とともにPOWER8の詳細を解説した。

写真1●POWER8のチップ本体
POWER8のダイサイズは362mm2。発表会ではPOWER8の300mmウエハーも展示していた
[画像のクリックで拡大表示]

 POWER8はIBMの22nmプロセスで製造されたプロセッサー(写真1)。大量のデータを効率良く処理するために、前世代のPOWER7/7+よりもマルチスレッド性能を大幅に強化。合わせてメモリー帯域やI/O性能も引き上げた。

 POWER8自体は、1チップに最大12コアを内蔵可能なデザインになっており、コアごとに最大8スレッドを同時に実行できる。POWER7/7+は8コア/最大32スレッドだった(写真2)。今回発表したプロセッサーでは、1チップ当たり最大6コアのダイ(半導体本体)を使用。ダイサイズは362mm2だ。1つのパッケージ(ソケットに取り付けるプロセッサ本体)に2チップを搭載することで最大96スレッドを実行可能にしている(写真3)。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら