写真1●freebit mobile用のスマートフォン「PandA」
[画像のクリックで拡大表示]

 フリービットは2014年4月23日、モバイルサービス「freebit mobile」のバージョンアップなどを発表した。freebit mobileは、端末代と基本プラン料金を合わせて月額2000円(税抜き)から使えるサービス。同社のスマートフォン「PandA」で利用する(写真1関連記事)。

 発表内容は(1)サービスのバージョンアップ、(2)販売店舗の全国展開を開始、(3)新CMの開始――の3点である。

 バージョンアップとして、まず通常時(高速化オプションを使わない状態)の通信速度を、従来の150K~200Kビット/秒から250K~300Kビット/秒に引き上げた。5月1日からは、月額500円の「フラットパック」の提供を始める。フラットパックには、050番号を使うIP電話から発信できる1260円分の無料通話(国内携帯電話向け通話60分に相当)と、250円分の高速チケット(速度制限がない通信100MBに相当)が含まれる。

 また、スマートフォンPandAの新ファームウエア「PandA Soft 2.0 “Cloud”」のオンラインアップデートを開始し、順次実施する。PandA Soft 2.0 “Cloud”は、クラウド上のサーバーと連携したメモリー管理、リモートサポート、独自オンラインマーケット、オリジナルUI(ユーザーインタフェース)などを搭載している。

 同日開催した戦略発表会でフリービットの石田宏樹代表取締役社長は(関連記事:垂直統合で月2000円を実現、スマホに「時間節約」をもたらしたい)、発表はしていないものの最新ロットのPandAのスペックは初期ロットのPandAよりも上がっており、同じ外観のままでAndroidのバージョンとCPUのスペック(デュアルコアからクアッドコアへ)が上がり、メモリーが増えていると説明。初期ロットのPandAについても、「クラウドでメモリーなどを管理しながらPandAの性能を上げてきている。おおよそ30~50%の速度アップを、PandA Soft 2.0では実現している」(石田社長)などと解説した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら