画面●日本マイクロソフトによるセキュリティ更新プログラム(パッチ)の予告
画面●日本マイクロソフトによるセキュリティ更新プログラム(パッチ)の予告
[画像のクリックで拡大表示]

 日本マイクロソフトは2014年4月4日、4月9日に公開するセキュリティ更新プログラム(パッチ)を予告した(画面)。同日にサポートが終了するWindows XPやOffice 2003向けのパッチや、ゼロデイ攻撃に使われたWordの脆弱性を解消するパッチなどを公開する。

 日本マイクロソフトによると、4月9日に公開されるセキュリティ情報は4件。WindowsやOffice、SharePoint Serverなどに関する脆弱性情報が含まれる。脆弱性の危険度を表す最大深刻度は、最悪の「緊急」。脆弱性を突かれると、ウイルス(マルウエア)に感染する恐れなどがある。

 セキュリティ情報の公開に合わせて、脆弱性を解消するパッチも提供する。Windows XPとOffice 2003は4月9日にサポートが終了する。このため、Windows XPおよびOffice 2003向けパッチの提供は、今回が最後になる。

 今後は、Windows XPやOffice 2003に新しい脆弱性が見つかった場合でもパッチは提供されない。また、サポート対象のWindowsやOfficeに新しい脆弱性が見つかった場合、Windows XPやOffice 2003がそれらの影響を受けるかどうかも明らかにされない。

 4月9日には、ゼロデイ攻撃に使われたWordの脆弱性を解消するパッチも提供する。日本マイクロソフトは3月25日、Word 2003/2007/2010/2013、Word Viewer、Office for Mac 2011などに新たな脆弱性が見つかったとして注意を呼びかけた(関連記事:Wordに危険な脆弱性が発覚)。標的型攻撃への悪用が確認されたためだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら