写真●アピリオ 代表取締役社長の藤田純氏
写真●アピリオ 代表取締役社長の藤田純氏
[画像のクリックで拡大表示]

 topcoderというと「競技プログラミングのサイト」というイメージを持っている人が多いだろう。もちろん今でもその性格は色濃く残っているが、最近では「企業がシステム構築(SI)に利用できるサービス」という面が強くなっている。企業が、自らが必要とするソフトウエアの開発をtopcoderでコンテストとして掲示し、そのコンテストに参加するプログラマの解答を募るのだ。

 クラウドコンピューティングに強みを持つSIerの米Appirioは、2013年9月にtopcoderを買収した。Appirioの日本法人であるアピリオ 代表取締役社長の藤田純氏(写真)によると「93%強の案件で、コンテスト開催企業が満足する解答を得られている」という。逆にいえば、失敗率はわずか7%弱。一般的なSIでどれだけの顧客が結果に満足しているかを考えると、驚くべき数字だ。Appirio自身も、顧客のシステムのプロトタイプ作成やAppirioの社内システム開発の案件をtopcoderに出すことがあるという。

4000万円を稼ぐ技術者も

 現在、topcoderには全世界の220カ国から約60万人の技術者が参加している。日本からは約1万人が参加しているという。いずれも腕に覚えのある技術者だ。

 現在のカテゴリは「データサイエンス(アルゴリズム)」「ソフトウエア開発」に加え、UI/UXの開発を行う「デザイン」の3つ。これらのカテゴリごとに参加企業がコンテストを開催し、その分野を得意とする技術者が腕を競い合う。米Googleや米Facebookといった企業や米Harvard Medical School、米国航空宇宙局(NASA)などもコンテストを開催している。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら