写真●兵庫県立大学環境人間学部の竹内 和雄准教授(写真:行友 重治)
[画像のクリックで拡大表示]

 「スマホの問題は、心の問題。ぜひ、子供たちの相談に乗ってあげてほしい」----。兵庫県立大学環境人間学部の竹内 和雄准教授が、2014年3月7日に「Cloud Days Osaka/ビッグデータEXPO/スマートフォン&タブレット/Security」の特別講演に登壇。「スマホの問題は心の問題~事例から考える、LINE・Twitter~」と題して、青少年の「スマホ問題」について講演した。竹内氏は、ITproで、「『スマホチルドレン』の未来のために」を連載中だ。

 竹内氏によれば、青少年の携帯/スマホ利用にかかわる様々な問題(ネット上のいじめや有害サイトの閲覧など)は、「日本では、1999年に携帯電話からインターネット接続ができる『iモード』が登場したときに、急に出てきた問題」という。2009年に施行された『青少年インターネット環境整備法』(青少年が安全に安心してインターネットを利用できるようにすることを目的とした法律。携帯電話事業者やインターネット接続事業者は、ユーザーが18歳未満の青少年の場合、コンテンツフィルタリングサービスを提供しなければならない)により、「子供たちはいったんは守られた」(同)。しかし、スマホの急速な普及で、2013年に青少年のスマホ利用が社会問題化。「今は、『さてどうするか』と皆が考えている段階だ」(竹内氏)。

 竹内氏は、携帯電話と違って、スマホはアプリを自由にダウンロードできることが特徴と話す。「ガラケーは写メを撮るときに必ずシャッター音がしたが、スマホは、シャッター音を消すアプリをダウンロードできる。これまでガラケーで日本が守ってきたものが、世界標準で崩れてきた」(同)。

 竹内氏は「子供が被害者になることがクローズアップされがちだが、実は、加害者にもなる。これが僕の問題意識」と言う。その例として、卒業生の少年(当時17歳)が小学校に侵入して教師を殺害した「大阪府寝屋川市立中央小学校教職員殺傷事件」を挙げた。「犯人は僕の教え子で、殺された教師は僕の友人だった。そして、加害者の教え子は、いじめられっ子だった」という。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら