日経BPイノベーションICT研究所は3月6日、「全国『道の駅』iPhoneのLTE接続調査」の結果を発表した。調査の結果、LTE接続率は、KDDI(au)が1004カ所中921カ所で91.7%と首位。以下、NTTドコモが745カ所で74.2%、ソフトバンクモバイルが527カ所で52.5%の順だった。詳細はこちら

 国道沿いなどに設けられている「道の駅」は、ドライバーに対して休憩所(無料駐車場、トイレ)や道路・地域の情報を提供している。近年は地元の農水産物を直売する施設が増え、観光客の人気も高まっている。しかし、その立地は不便な場所が多く、通信環境も決してよいとは言えなかった。そこで、観光振興や地域の活性化の切り札として注目を集める「道の駅」の通信環境の実態を把握するために、今回の調査を企画した。

 調査では、現在開業している全国1004カ所のすべての「道の駅」に、調査員が出向いて、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルの携帯電話主要3事業者が提供するLTE接続率とデータ通信速度の実態を調査した。端末は、NTTドコモの参入で出そろったiPhoneの上位機種「iPhone 5s(16GB)」を使用した。

 エリア別「道の駅」での接続率を見ると、KDDI(au)は「首都圏」「北陸」で100%だった(表1)。ほかの地域でも「中国」を除いてKDDI(au)が上回った。LTE(4G)と3Gを合わせた接続率では、NTTドコモが99.9%、KDDI(au)が99.6%、ソフトバンクモバイルが97.7%という順だった。KDDI(au)は、遠くまで電波が届く性質を持っている800MHz帯のLTE基地局の設置が多く、「道の駅」は山間部などに建設されているところが多いために、好結果につながったものと見られる。

表1●エリア別「道の駅」でのLTE接続率、LTE(4G)/3Gを合わせた接続率、圏外数
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら