写真1●自社オンラインストアのスマホアプリ
写真1●自社オンラインストアのスマホアプリ
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●相川慎太郎事業支援本部デジタルマーケティング部部長
写真2●相川慎太郎事業支援本部デジタルマーケティング部部長
[画像のクリックで拡大表示]

 ユナイテッドアローズは2014年春に、試着予約サービスを開始する予定である。これは顧客自身がパソコンやスマートフォンから商品の店頭在庫を検索し、気に入った商品があれば、希望する店舗での試着を予約できるサービスである。在庫の取り置きともいえ、ユナイテッドアローズは試着予約の依頼があった商品の在庫を先に引き当てておいて、指定の日時までに該当商品を店舗に用意しておく。顧客は実際に試着してみて納得できれば、その場で購入できる。ネット通販のように、サイト上でいきなり購入手続きに進む必要はなく、店頭で購入を決めた段階で、支払いをすればよい。

 試着予約の開始に先立ち、ユナイテッドアローズは2014年1月から、自社オンラインストアのスマホアプリの配布を開始している(写真1)。iOS版は提供済みで、3月上旬にはAndroid版を追加する予定だ。このスマホアプリでは、店頭の在庫検索機能をキラーコンテンツに据えている。

 ユナイテッドアローズが在庫検索やその先にある試着予約に力点を置くのは、「最近は在庫検索まで済ませてから来店する『目的買い』のお客様が増えているため」と、相川慎太郎事業支援本部デジタルマーケティング部部長は語る(写真2)。顧客のなかにはスマホの画面を店員に見せて、「これください」と言ってくる人もいる。

 ただし、そこで問題が発生することがある。店頭の在庫検索機能は、在庫データの更新頻度が今は1時間半に一度であるため、タイムラグが生じ、検索時点では在庫があったのに、来店してみたら売り切れという状況が起こり得るのだ(関連記事:「ネットは店舗への顧客誘導手段」、ユナイテッドアローズのデジタルマーケティング部長)。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら