写真1●シスコシステムズ バイスプレジデント グローバルテクノロジー政策担当 ロバート・ペッパー氏
写真1●シスコシステムズ バイスプレジデント グローバルテクノロジー政策担当 ロバート・ペッパー氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●日本のモバイルトラフィックの予測
写真2●日本のモバイルトラフィックの予測
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●デバイス別の平均トラフィックの変化
写真3●デバイス別の平均トラフィックの変化
[画像のクリックで拡大表示]

 シスコシステムズは2014年2月14日、2013~2018年の5年間における世界および日本のモバイルデータのトラフィックについて、予測を発表した。予測では、世界のモバイルトラフィックは2018年に、2013年の11倍近くまで増加する。中でも日本は、1人当たりのモバイルトラフィックが群を抜いて多くなるという。

 トラフィックの予測について説明した、シスコシステムズ バイスプレジデント グローバルテクノロジー政策担当 ロバート・ペッパー氏は、「毎年、調査結果に関して驚いたことを発表しているが、今年は三つあった」と述べた(写真1)。

 一つは、モバイルのトラフィックで日本が世界をリードすること、二つめはトラフィックのオフロードのため無線LANの重要度がさらに増すこと、三つめはM2M(Machine-to-Machine)のデバイスが増え、IoT(Internet of Things)が加速すること──だ。

 同社の予測によると、世界のモバイルトラフィックは、2013年に1.5エクサバイト/月だったのが、2018年には11倍近い15.9エクサバイト/月になるという。

 日本では、2013年に205ペタバイト/月だったのが、2018年には約9倍の1.8エクサバイト/月と予測されている(写真2)。「この1.8エクサバイトという数字は、世界のトラフィックの11%以上を日本が占めることを意味する。驚愕のデータだ」(ペッパー氏)。

 1人当たりで計算すると、2018年に日本では14.4Gバイト/月であるのに対し、米国は8.1Gバイト/月、西ヨーロッパでは4.5Gバイト/月と、日本が他の地域をリードする。

 日本でのモバイルデバイスの種類については、2018年にはスマートフォンが全体の49%となり、携帯電話(フィーチャーフォン)は急速に減少するという。さらにセンサーなどのM2Mデバイス、タブレット端末の割合が上昇し、それらのトラフィックも増加すると予測している(写真3)。

 比率で見ると、特に急速に増えるのがM2Mだ。ペッパー氏は「最も驚いたのがこのカテゴリーの存在だ。何もなかったところから、いまや最も重要なカテゴリになっている」と述べた。日本のM2M接続数は、2018年には2013年の6倍に増加すると予測している。また、M2Mカテゴリに今回初めて追加したウェアラブル端末については、2018年の世界全体で見た台数は、2013年の8倍に増加すると予測している。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら