写真●都道府県CIOフォーラムで講演する遠藤紘一政府CIO
写真●都道府県CIOフォーラムで講演する遠藤紘一政府CIO
[画像のクリックで拡大表示]

 2014年2月4日・5日の2日間、東京都内で開催されている都道府県CIOフォーラム第11回春季会合で、内閣情報通信政策監(政府CIO)の遠藤紘一氏が「オープンデータ政策の推進」という題で、政府や自治体が保持するデータの利活用に関して講演した(写真)。

 遠藤氏は、まず政府のオープンデータ戦略に関して説明した。「民間に上手に活用してもらうのが目的。政府も自治体も、データをどうやって使いやすく、探しやすい形で提供するかを考えなくてはいけない」と指摘。2013年6月に閣議決定された「世界最先端IT国家創造宣言」の中でうたっている、新産業・新サービスが創出されるような社会、健康で安心して生活できる社会、世界一安全で災害に強い社会、便利な暮らしができる社会の4項目を目指すとした。

 2012年8月に、民間から政府CIOに任用された遠藤氏。まず同年12月から、様々な形式で公開されているデータの標準化・共通化に着手した。最初に手がけたのは用語の統一で、「同じ言葉でも、省ごとに意味が違っていたので、利用者が混乱していた。これをできるだけなくすことから始めた」(遠藤氏)。今後整備する情報システムでは、原則として国際標準に適合した文字情報基盤を活用し、データフォーマットや用語、コード、文字などの標準化・共通化を進めていくと明言した。

 2013年の暮れには、データカタログサイト「DATA.GO.JP」の試行版を公開。9000件のデータを掲載しているが、「今後もっと公開データを増やして、今年中に本格公開したい」と意欲を見せた。また、「カタログサイトにかなりのアクセスがあり、感想・意見・要望が寄せられている。今後は、活用方法を尋ねるなどして、面白い活用方法があれば公開していく考えもある。APIの公開も進めていく」と付け加えた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら