日本マイクロソフトは2014年1月中旬より、Windows 7向けにInternet Explorer 11(IE11)の自動アップグレードを開始した(関連記事:日本マイクロソフト、Windows 7向けIE11の自動アップグレードを1月に開始)。だが、アップグレードしたくないユーザーもいるだろう。そこで、自動アップグレードを簡単に無効化する方法を紹介する。

 IE11では、IE10までと比べて、機能やパフォーマンス、セキュリティなどが向上している。特に理由がなければ、Windows 7ユーザーもIE11にアップグレードした方がよい。

図1●知らないうちにIE11になっている可能性も。「バージョン情報」をクリックして確認を
図1●知らないうちにIE11になっている可能性も。「バージョン情報」をクリックして確認を

 しかしながら、IE11に対応していないWebサイト(Webアプリケーション)は少なくない。このため、1月中旬以降、特定のWebサイトが急に利用できなくなったら、IE11への自動アップグレードが原因である可能性がある。IEのバージョンは、IEの「ツール」ボタン(歯車マーク)で表示される「バージョン情報」をクリックすると表示される(図1)。

図2●「インストールされた更新プログラムを表示」から「Internet Explorer 11」をアンインストールする
[画像のクリックで拡大表示]

 知らないうちにアップグレードされたユーザーのために、まずはIE11からIE10にダウングレードする方法を紹介しよう。IE11は「更新プログラム」としてインストールされているので、「インストールされた更新プログラムを表示」の画面にアクセスして、「Internet Explorer 11」をアンインストールすればよい(図2)。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら